Xiaomi logo sign
Xiaomi logo sign / jonrussell

小米最高!

大家好。しんやりょうです。

台北についたら絶対に行きたいと思っていた台北小米之家にいってきました。

もう欲しくて欲しくてたまらなくなりましたw
価格もお手ごろなのでガジェット好きの友達へのお土産にもいいですよ!

小米 Xiaomi 公式ホームページ

*小米と書いてシャオミ(Xiaomi)と読みます。

小米(シャオミ)とは?

中国北京に本社をおく、通信機器・ソフトウェアメーカー。
2010年4月に雷軍によって設立。
2015年の時点では中国シェア2位のアップルを抑えて中国シェア1位のスマホメーカー。

中国のアップルといわれるほど、飛ぶ鳥を落とす勢いで大成長中の企業です。

Wikipedia:小米科技 シャオミ Xiaomi

ホリエモンこと堀江貴文さんも絶賛ベタ褒めしてます。

中国のスティーブ・ジョブズと言われている彼ではあるが、私はそれ以上だと考えている。
彼はAmazonの戦略を経営の参考に、
スマホで得た利益を徹底的に投資に使い続ける動きをしている。
相手の良い部分を真似する中国らしい文化ではあるが、
そのクオリティを保つこと、否、本家よりも高いクオリティを保っているのは今までの中国企業とは違うところ。
今後の動きにも注目しておくべきだろう。
ホリエモンドットコム:『Xiaomi』(小米/読み「シャオミィ」)という中国のスマートフォンがスゴい。とにかくスゴい。

世界中をとびまわる高城剛さんもメルマガ内で紹介していました。
ぼくもXiaomi Note(スマホ)に買い換えたところ
すっかりはまってしまい、今にいたります。

台北小米之家に行ってきた

2015年12月に香港の小米に行きました。
今回は初めて台湾の小米へ。

行き方

20160316125922

台北市内についたら、MRT(台湾の地下鉄)で行天宮(XingtianTemple)を目指します。
台北駅からだと10分。20台湾ドル(70円)でいけます。

20160316131538

到着したら3番出口へ。

20160316131903

3番出口をでたところ。

20160316131845

駅の出口を背に、左側をみるとすぐシャオミの看板が。

20160316131907

台北小米之家は2Fにあります。

20160316131920

階段をのぼると紅米Note(スマホ)のディスプレイが。

20160316131939

小米がすぐそこに。ワクワク!
営業時間は11時〜19時まで。
不定休のようです。

20160316132002

シャオミのロゴです。
日本人ならこう思うはず。「あれ?これって◯◯と似てない?」
製品はアップルっぽい、店は無印っぽい。

お店の中はこんな感じ

20160316132008

広いスペースに商品だけシンプルに並べてあります。

20160316132045

壁には、アクセサリー類(スマホケース、充電器、イヤホン、キーホルダーなど)。

20160316132103

シャオミのキャラクター”米兎(ミィトゥ)”。
このなんともいえない顔がかわいい。
いろんなぬいぐるみがあります。

20160316132609

お店の奥にはくつろげるスペースが。
スマホだけでなく、テレビや体重計など家電製品もリリースしてるんです。

20160316132623

ここにも米兎(ミィトゥ)が。

小米商品ラインナップ

実際にいくつか見てきた商品をのせておきます。

20160316132202

シャオミは大きく分けて2種類のスマホを販売しています。
小米シリーズと紅米シリーズ。
こちらは紅米という低価格スマホ。

3299台湾ドル(11500円)でシムフリー&デュアルシムスロット、HDディスプレイにf/2.2の800万画素カメラ。
これだけのスマホを1万円はヤバイです。

Xiaomi:紅米2のスペック

20160316132218

めちゃ欲しい!
シャオミのタブレット”Mi Pad”です。
7.9インチのディスプレイ。
価格は5499台湾ドル(19250円)。

Xiaomi:Mi Padスペック

20160316132645

ヘッドホン。
2495台湾ドル(8700円)。

Xiaomi ヘッドホン

20160316133405

これは香港になかったぞ!
JamBoxちっくな軽量小型スピーカー。
595台湾ドル(2100円)って。

20160316133412

男の親指くらいの太さでした。
これはポータブルスピーカーにいいですね!

20160316132651

こちらもはじめまして。
小型の撮影カメラみたいです。
999台湾ドル(3500円)。

20160316132708

上を見ると実際に設置してあって

20160316132704

シャオミのディスプレイに映し出されてます。

20160316132846

Goproちっくな超広角カメラ。
2595台湾ドル(9100円)。

20160316132534

体重計。足がはみでるんじゃない?と思うほどの小ささ。

20160316132539

シンプルなデザインが好きな方にはシャオミおすすめ。

一度に全部は紹介しきれないくらい、いろんな商品が販売されています。
TV、スマホ、ルーター、モバイルバッテリー、カメラ、タブレット、体重計、ウェアラブルリストバンドなど。

実際に購入してみた

20160316133700

購入と修理の場合の流れがかいてあります。

購入する場合の流れは以下の通り。

  1. 申込用紙に記入
  2. スタッフに用紙を渡す
  3. 呼ばれるまで待つ
20160316133705

申込用紙が入り口においてあります。

20160316134700

商品名と数量や名前を記入します。

20160316134722

これ間違いの例ですw
上の方に名前の記入欄が。
「先生/小姐」は◯◯さんという意味なので、その横に記入しましょう。
記事を書きながら気づきました。

横の数字は申込用紙にわりふられた番号でしょうね。
“先生”はシェンスン(男性の◯◯さん)、”小姐”はシャオジエ(女性の◯◯さん)と読みます。
ぼくの場合、新屋(中国語読みでシンウー)という苗字なので、「新屋先生(シンウーシェンスン)」となります。

名前のかわりに携帯の電話番号でもいいそうですよ。

20160316134726

商品の横の説明文やタグを見れば、商品名がわかります。
表に買いたいものの商品名が見つからない場合(アクセサリー類など)、タグに書かれた漢字をそのまま書きましょう。
数量も忘れずに。

それにしても字きたないですね汗

20160316133812

シャオミには香港も台北も、コミュニティスペースがあります。
イスとテーブルがあって、スタッフに色々質問したり相談したりできるんですね。

ちょっと休憩。

20160316135845

お土産を買っちゃいました。
ぼくは店員さんが覚えててくれたみたいで、名前ではなくテーブルまでよびにきてくれました。
わざわざすみませんw

日本語も少し話せるかんじで、気さくなスタッフの方達でしたよ。

やっぱりシャオミ最高!

勢いがある企業は面白いです。
日本人はほぼiphoneを持ってるでしょうが、こだわりがなく英語か中国語に抵抗がない方は、シャオミもいいですよ。

日本語入力にする方法もありますし、かなり使いやすいです。
価格が安すぎて、いろんなものが欲しくなるのが唯一のデメリットですかねw
ぜひ台北に行くなら遊びにいってみてください。

以上、しんやりょうでした。

*この記事は2016年3月のレートを参考にしています。1台湾ドル/3.5円

[台北小米之家はこちら]

[こちらの記事もどうぞ]

小米之家香港に行ってきたの巻。
Xiaomi(小米)のスマホ Xiaomi Note を香港で購入。【レビュー】

ご案内

ウミウシ飯ってなに?しんやりょうプロフィール
ウミウシ図鑑更新中!!
ワーホリでオーストラリア行きます
石垣島でポケモンGOコンプリート!!

人気記事セレクション

  1. 石垣島に移住して3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由
  2. スラスラ読める!はじめての古事記(現代語訳)ならこれがオススメ。
  3. 我的中文不好[Transition 前進樂團]の歌詞 英語/中国語/日本語
  4. ウミウシの上手な探し方。
20160316125922.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です