Shared img thumb MAX85 gominonakasagyou20141123131607 TP V
RYO
働きすぎはよくないよー!!

ハイサイ!ウミウシ大好き!しんやりょう@umiushimeshiです。

非常に残念な記事をみつけてしまいました。

Randstad:「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」という回答、 日本がグローバル比較で1位に

日本人働きすぎじゃね?

勤務先として魅力ある企業を世界共通基準で測る調査で日本が最悪の結果に。

記事はRandstadという、世界最大級の総合人材サービスが行った調査結果にもとづくもの。

世界中の18歳〜65歳の男女に聞いた結果、
日本は「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」という回答が他の国と比べて
14.1%とずば抜けて高かった
そうです。

これって切ないよね。

「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」世界平均は6%。日本は倍以上の14%。

世界平均の倍の割合で、日本人は

RYO
給料さがってもいいから働く時間減らしたい!!!

と思ってるんですね。

これって日本人は働きすぎっていうことですよね?

給料安くなってまで勤務時間を短くしたい理由(複数選択可能)としては、

  • 自分自身の時間を増やすため(75%)
  • ストレスが少なく、健康でバランスのとれた生活のため(58%)
  • スポーツ、余暇・趣味のため(29%)

などが主な理由。

とにかくバランスがとれていないんですね。

ワースト3は、日本、香港、スウェーデン
逆に不満が少ないTOP3は、アメリカ、インドに続いてカナダ&マレーシア&フランスときてます。

たしかに自分も働きすぎだし、不満だらけ・・・

Shared img thumb PAK752 kumonosu15043807 TP V

ダイビングインストラクターである僕、今繁忙期でとにかく働きっぱなしです。

1日12時間労働は当たり前、休みは週に1日あればいいほう。
今月は8月16日現在、2日しか休んでおりません。

いい加減疲れてきました。

これで給料めちゃ良かったら「お金のため」に時間を犠牲にできるのでしょうが、
月4日の休みで計算したら日給6000円とかそういうレベル・・・
12時間働いてですよ。

RYO
アワワワワ・・・働きすぎてもうだめぽ・・・

ヒーヒー言いながら働いてます。
ぼくだったら「給与とかどうこう言う前に、これ以上働けない」って話です。

働きすぎて思う、「時間」と「お金」のバランスについて

給与が低い上に、時間もない。
ダイビングは大好きだけど、これ以上働けないな〜と
退職を目前にして、ものすごく感じるようになりました。

ホリエモンこと、堀江貴文さんは、著書「99%の会社はいらない」にて次のように述べています。

同じ時間だけ稼働しているのに、「忙しくて大変」と感じる人と、「そこまで忙しくない」と感じてしまう人。
この差はどこにあるのだろうか?答えは簡単。
前者は「他人の時間」を生きる苦しい忙しさで、後者は「自分の時間」を生きる楽しい忙しさだからだ。

と、全力で、会社に属するデメリットを主張してます。

これにイラっとしましたか?
ぼくは「たしかにその通りだ。自分は他人の時間を生きているんだ
と納得してしまいました。

もう28歳。
30歳~40歳ってめちゃ働くっていいますよね。
もう28歳でヒーヒーいってますけどなにか?

今の自分はどれくらいの「お金」が必要で、どれくらいの「時間」があればいいのか。
考え直す時期にきています。
大学卒業して6年。
働くことは嫌いではないですが、働きすぎは嫌いです。

日本人ってもっと遊ぶべきだよね!

ISHI8563 tahichi TP V

最近「めちゃ働いてるな〜」と思いながら気づいたことがあります。
ひとつは、自分の好きなことを忘れてしまいそうになること。
そして遊び方がわからなくなってきていること。

RYO
ぼくってめっちゃ真面目やん!

と、自分の時間が少ないと、仕事して寝て、休みも何もせずって負のスパイラルにおちいってます。
これはまずい。

退職後は心機一転、自分の「時間」と「自由」を手に入れるために、
めちゃ頑張ろうと決意。

高城剛さんは、メルマガ高城未来研究所Q&Aにてこう言ってます。

僕がよくお話しするのは、まったく働かないことではなく、働き過ぎないことです。
どう見ても、日本人は働きすぎですよね。
物理時間だけではなく、抑圧された時間の箱の中で。
ですので、それなりに遊ばないと成長しませんよ、人間的に。
それも先行投資ですよ!

今の自分の状況の異常さに気づくことができました。

あなたはどうでしょう?
自分の時間を生きていますか?それとも他人の時間を生きていますか?
ぜひ考えてみてください。

以上、しんやりょうでした!

[この本を読んだ方にオススメ!]
shared_img_thumb_MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です