SHI95 sansyainsuizokukanoosuii TP V

ハイサイ!しんやりょう@umiushimeshiです。

休日に1本ウミウシだけを探すダイビングをしてきました。

RYO
うげっ!見つからない・・・ウミウシが見つからないよ!!

全然見つからなくて、すごくガッカリ。
落ち込んでいてもなにもはじまらないので、自分なりに「なぜウミウシが見つけられないのか」原因を考えてみました。

「ウミウシを探しても全然みつからないんだけど!!」という方にもなにか参考になれば幸いです。

石垣島でウミウシダイビングするなら

個人的に思う、石垣島のウミウシシーズンのピークは、春先の4月~5月まで。
ウミウシが少ない時期が続いて、12月くらいの水温が25度を下回るようになってから、ウミウシが増える印象です。

名蔵湾 アカククリパラダイスでウミウシダイブ

今回ウミウシダイブをしたのは、名蔵湾アカククリパラダイス。
休日に職場の船に乗りあっただけなので、ポイントは選ぶことができません。
行った場所でいかにウミウシを見つけられるのか、そういう勝負でした。

10月中旬で、水温は28度。

冬場はユキヤマウミウシ、リュウグウウミウシ、モザイクウミウシなど、まぁ大きい1cm以上のウミウシはみたよなーという記憶程度。
大きいウミウシもいるから、壁あおったりガレ場を探せばウミウシでるはず!
そう思ってたのに全然でませんでした。

60分近くのダイビングでたったの3種類。
コイボ、ハナミドリガイ、シロウネイボウミウシのみ。
本当に落ち込みました。

ウミウシ好きのぼくとしては、このままで終わらせるわけにはいきません。
しっかりと反省して、次に活かさなければ進歩できないです。

理由をいろいろと考えてみました。

理由1:そもそもウミウシが一番いない時期だから

フジムスメウミウシ Verconia romeri (Risbec, 1928)

10月から11月ってウミウシが一番少ない季節になるそうです。
夏の間に水中をただよって着底したウミウシたち(ベリジャー幼生)が、やっとウミウシの姿になりはじめた頃。

まだ1cmもしくは5mmにもみたないようなサイズがほとんどなのかもしれません。

こればっかりは、そもそもが的外れなので、反省しようがありません。

改善点: ウミウシが少ない季節はおとなしくしておこう

理由2:水温がまだまだ高い

キイッポンウミウシ Mexichromis trilineata (A. Adams & Reeve, 1850)

ウミウシが増える時期と水温はある程度関係しているのでしょうか?

ぼくの中では水温25度以下がウミウシにとって快適な生活環境なのではないかと思っています。

ウミウシが多いと有名な那覇、座間味、奄美大島、伊豆、八丈島など、水温が20度を下回るような地域ばかり。
フィリピンのアニラオやインドネシアのバリなんかも、海流の関係で冷たい水が流れてくるのかなーと推測してます。

石垣島は12月頃でやっと25度以下に落ちはじめ、1月~2月頃にかけて21度前後までおちます。
20度きることはないので、石垣島でいうウミウシシーズンは12月くらいから。

水温は少なからずウミウシが多いか少ないかに関係していると思います。

改善点:水温が25度以下になるのを待とう

理由3:根本の探し方が間違っている

ヨセナミウミウシ Miamira sinuatum (van Hasselt, 1824)

今回は、おおきく分けて2カ所に探す場所をしぼりました。
はじめは15~25Mくらいの壁沿い。
ひたすら壁をあおったり、じーっとみたり。

ある程度時間が経ったら、ガレ場に移動。

どちらも空振りでした。

ぼくが「カイメンやコケムシも多いし、暗いし壁だし」とエサと環境がととのっていると思った”そもそも論”が大外れしている可能性があります。

ウミウシダイブ自体の経験不足から、この辺の判断がうまくできません。予測でしかない。

またウミウシオンリーダイブしているお店に修行に行くしかないです。
どんな場所でどんな風に探しているのか。

改善点:ウミウシ修行。ウミウシをさがす嗅覚を身につけよう!

理由4:焦りすぎ、粘りが足りない

アカオビツバメガイ Chelidonura mandroroa Gosliner, 2011

普段はマンタリクエスト、大きい魚がいい、とかマクロダイブをする機会がめちゃ少ないです。

ひっさしぶりにカメラ持ったし、ウミウシ探ししたし、ウミウシをさがす目もおとろえてるのかも。

プライベートダイブならもっとじっくり、動かないダイビングにきりかえた方がいいのでしょうね。

改善点:牛歩のように。もっとゆっくり粘る。

理由5:量質転化。とにかくウミウシダイブの本数が足りない

ボートダイブのため、自分でポイントを決めてウミウシダイブをすることができません。
休日のたかだか1本潜ったくらいで「見つからない」といってるようじゃあ甘い。

もっともっとウミウシだけを探すダイビングの本数を重ねて、嗅覚を鍛えていくしかありません。

こればっかりは、ビーチからウミウシダイブできる理想の地へ引っ越す。環境を変えるのがてっとりばやい。

改善点:もっと本数を重ねる。あきらめずに潜り続ける。

あとがき ウミウシにもっと会いたい!

#テンテンウミウシ #halgerda #brunneomaculata #ウミウシ#seaslug #nudibranch #cute

ウミウシ飯さん(@umiushimeshi)が投稿した写真 –

そもそものウミウシが少ない時期、少ないポイントだったのかもしれません。

それでも探す人は探し出すはずなので、経験値不足というのもあります。

まわりにはウミウシ大好きでウミウシだけでいい!って人が全くいないので、こういったときに相談できる人もいない・・

ウミウシオンリーダイブしているショップに修行に行かねばです。
もっとウミウシと出会えるように。

RYO
ウミウシに会いたい!まってろよー!

以上、「【ウミウシ】探しても探しても見つからないけど?なぜ見つけられないのか原因を考えてみた。」の記事でした。

ご案内

ウミウシ飯ってなに?しんやりょうプロフィール
ウミウシ図鑑更新中!!
ワーホリでオーストラリア行きます
石垣島でポケモンGOコンプリート!!

人気記事セレクション

  1. 石垣島に移住して3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由
  2. ホリエモンが絶賛!Xiaomi(シャオミ)の公式ストア「台北小米之家」にいってきた。ちょっとした台湾お土産にも最適!
  3. スラスラ読める!はじめての古事記(現代語訳)ならこれがオススメ。
  4. 我的中文不好[Transition 前進樂團]の歌詞 英語/中国語/日本語
  5. ウミウシの上手な探し方。
SHI95_sansyainsuizokukanoosuii_TP_V.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です