【台風対策】移住したぼくがリアル大型台風を経験して考えた必要なものリスト

28165

画像は八重山毎日新聞より転載

石垣島に移住して1年と半年。
2015年8月23日。
今回観測史上最高とされる台風を経験しました。
久しぶりに「やばいわこれ。」と恐怖を感じるほど。

沖縄に移住するなら必ず覚悟しておかないといけない台風。
実際に経験してみて、次の台風にそなえて対策を考えてみました。


台風の被害状況

▼郡内各地に大きな爪痕 台風15号 | 八重山毎日新聞社

TOP画像やニュースをみてわかるように、被害はすさまじかったです。
電柱や信号機が倒れた、車が横転した、船が沈没した、店が半壊などなど。
人口5万人の島で約2万世帯が停電したらしいので、ほとんどといってもいいのではないでしょうか。

覚えている限りでの石垣島の状況を書いておきます。
住んでいるのが宮良、職場は川平、その他市街地の情報なんかも教えてもらいました。

22日 台風直撃前日

スーパーやコンビニ、レストランなどまだまだ開店。
台風にそなえて地元のスーパー(サンエーやマックスバリュー)では大混雑。

23日 台風直撃

宮良 夕方頃から停電。風も強くなり21時頃には暴風域。
被害:窓ガラスの下から浸水、上の階から雨漏り
川平 停電+断水

24日 台風通過後  1日目

宮良 昼過ぎには風もおさまり外出できるほどに。
引き続き停電。
コンビニやスーパーなど、ほぼすべて閉店。
川平 停電+断水(一時電気が復旧したらしい)
夜には市街地は復旧してわりとにぎやかに。

25日 台風通過後 2日目

この日はひたすら後片付け。木が倒れたり道路はひさんなことに。
宮良 夜19時頃 電気復旧。通常通り。
川平 午後まで断水。一部では夜23時頃まで停電。やっと水も電気も使える状態に。

26日 台風通過後 3日目

やっと片付けも終わり、職場も通常通り営業できる状態に。
台風後の買い出しは品薄だろうとみて、行っておりません。
台風中より後の食料に困りました。

市街地(登野城とか新川)近辺だと、電気と水の復旧も早かったようです。
川平とか宮良、白保(野底とかはわかりませんが)と市街地から離れるとそれだけ優先順位的に時間もかかるようで。
また市街地だからといって海沿いのお店は、ガラスが割れて半壊!など大変なことになる可能性も。

とまぁ、今回の経験をもとに思ったのは、ただの台風対策でなく停電や断水などのシチュエーション別の台風対策がベターだということ。

事前の台風対策、台風後の①停電のみ②断水のみ③停電+断水と状況別に準備しておくと、結構なにごともなく過ごせるかと。

台風の対策 シチュエーション別

じゃあ実際に状況別にした対策、やっておけばよかったことふまえて必要なものリストをつくっておきます。

台風前の対策

  • 車はガソリン満タンにして置いておく(横転対策)
  • 電気と水がなくても食べれるインスタント食品類の準備(ガスが一番使い勝手がいい)
  • 窓は心配なら養生テープかガムテープをはる
  • サッシの隙間(水が入りやすいところ)は新聞紙よりタオルをつめるほうがいい。内側だけでなく外側から養生テープ。
  • 頼れる友人や緊急用の避難先の確保
  • 台風後にそなえて賞味期限長めの食料品(常温保存可能なもの)

停電のみの場合(水はある)

  • 小規模な店舗などは発電機(ジェネレーター)があると便利:冷蔵庫などの電力をまかなう
  • 懐中電灯の準備(メインの部屋、トイレ、お風呂など)2つ以上がベター
  • 携帯電話、パソコンなど電気機器類の充電、充電池の準備

断水のみの場合(電気はある)

  • 水を買っておく(飲み水、風呂、トイレ、お湯をわかせば食品にも使える)

停電+断水の最悪パターンは上記すべてを組み合わせて貰えばいいかと。
たった1日2日でしたが、台風ってこわいね!!
電気と水のありがたさを心から感じた台風でした。

28165.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

2 件のコメント

  • 9/26土曜日までダイビングで石垣島にいってました。

    ニュースでやってましたが、8月の被害の直後でしたけど大丈夫でしたか?
    真栄里あたりの飲み屋さんのマスターも場所によっては2日停電だし、電話線切れて連絡できないお店とかでてるとかいってました。
    いったばっかっていうのもありますが、直撃したんできになります

    • こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      なんと1年越しの返信となります。大変申し訳ありません。
      昨年の大型台風後はほんとうに大変でした。
      家の中にいても「怖い」と感じるほど強烈で、停電や断水はもちろん、車がひっくり返ったり電柱が倒れたりと、台風の恐ろしさを知った出来事でした。
      とはいえ、台風がこないと水温も上がり、今年(2016年)はサンゴもほとんど白化してしまい、それはそれで大変だと・・・
      何事もバランスが大事なようで、難しいですね。
      1年ごしのコメント、読んでいただけると嬉しいです。
      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です