P7260214

ハイサイ!ウミウシ大好き!しんやりょう@umiushimeshiです。

休日の気分転換に、お隣竹富島にやってきました。

離島にきたからにはセルフダイブ!といいたいところですが、
働きっぱなしでここんとこ疲れてたんで、ダイビングはお休み。

かわりにスノーケルしてきました。ウミウシも見つけたし満足!

竹富島 カイジ浜でスノーケル

P7260206

コンドイビーチとカイジ浜の間(カイジ浜がすぐそこ)でスノーケル。
竹富島でスノーケルするのは3、4年ぶりでしょうか。

コンドイは家族連ればっか、カイジは星の砂でも探しにきたのかな〜って人でたくさん。
星の砂はもういいんで、スノーケルしました。

「前きたときはは岩のところにリュウグウウミウシとかいたよ」って相方から教えてもらったんですが・・・
けっこう流れてる・・・

わたくし何もスノーケルセット持っておりませんので。
ギョサンだけだと足つかない高さは流されるレベル。
あきらめて浅場でチャプチャプすることにしたのでした。

海パンだけ。

P7260199

相方撮影。
手ぶらできたもんで、海パンだけです。
変態ですね。

P7260186

ちょこちょこ相方からスノーケルセットとTG4を借りては、浅場を探すことに。

P7260213

竹富島ってほんと絵になるよね。

オイランハゼ祭り。ギンガハゼも。川平湾と似てるね。

P7260207

水の中はこんなんです。
少しドロッとした感じの砂地で、ナマコが大好きそう。

P7260187
RYO
お!こ、これはっ!
P7260171

オイランハゼめっちゃおるやないかーい!!

ハゼにあんまり詳しくないわたしとしては、
オイランハゼって川平湾の奥地とかそういうところにしかいないもんかと思ってたんだけど。

めちゃめちゃいるやん。めちゃ浅いやん。
そんくらいいました。

P7260182

水深1Mくらいなので、スノーケルでもこの通り。
全然体がしずまないので相方に上から乗ってもらったり沈めてもらったり。
はたから見たら、「なんであの人は人沈めてるんだろう?」そんな光景です。

P7260196

これってギンガハゼだよね?
ギンガー!!!

ハゼはひれ全開が素晴らしい写真だと評価されるようですが、スノーケルじゃ無理!

相方はオドリハゼっぽいのも撮影しておりました。
最近はすっかりハゼの美しさに目覚めたようなので、
今度川平湾の奥地にでも連れて行こうと思います。もちろんセルフで。

ウミウシも発見!フチドリミドリガイ?

P7260237

砂地にイワヅタを発見。
これは”なんちゃらのツユ”とかミドリガイ系いるんじゃないかと思ってあおってみると・・

P7260226
RYO
でた!ウミウシでた!

かわいいのがでてきました。

P7260215

フチドリミドリガイかな?同定に出してみようと思います。

追記:フチドリミドリガイ(仮称)に同定されました。
P7260239

エサのあるところに返したあと。
こんな感じで、もっとうまくイワヅタの中に溶け込んで擬態してます。
スノーケルで見つけるとちょっと嬉しいね。

ウミウシに会えると気分もリフレッシュ!

P7260200

ギョサンって浮くから便利だよね。
すぐ見つかるし。

ということでウミウシ見つけて気分もすこーしリフレッシュ?
人間休むことは必要だと、心から思った傷心旅行でございました。

RYO
次はどこへ行こうかな!

以上、しんやりょうでした!

P7260214.JPG

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です