[台湾]高雄中山大学に三ヶ月間短期留学する際の費用を計算してみた

こんにちは。しんやりょうです。
オーストラリアでのワーホリが1年間終わったあとは、台湾に3ヶ月間の語学留学を考えています。

もともとは台北の語学学校か台湾のワーホリ制度を利用して長期滞在したいなと考えていたのですが、予定が変更になりそうです。

長い文章になりそうなので、結論から先に行っておくと、
40万円ほど準備できれば3ヶ月働かなくても学校で勉強だけして生活できるのかなーという感じです。

なぜ中国語を学ぶのか

僕がいま働いている職場はオーストラリア人の上司と台湾人の同僚しかいません。
つまり日本人は僕1人です。
職場では英語か中国語しか飛び交わないというなんとも贅沢な環境です。
日本語話せないストレスはありますが外国なのでしょうがないし、そういった環境をあえて避けて生活している僕としては非常に恵まれた環境です。

同僚の台湾人に
「RYOはどうして中国語を勉強したいの?」
と聞かれたので自分なりに考えを整理してみると以下のように答えることになりました。

  • 日本にいるときに縁があって仕事で何度も台湾に行っていた
  • そのうち台湾が好きになって自分で旅行でいくようになった
  • 台湾の食べ物、人、文化、歴史に興味がある
  • 父方の祖母が台湾生まれなので縁を感じる、むしろ台湾どこにいたのか歴史を追ってみたい

などなど理由をいろいろ並べてみるとどうやら僕は世間一般的にいわれる「英語と中国語話せれば間違いないよね」という将来のことを考えた投資が1番の理由ではないんですね。
むしろそんなの後付です。

好きな国だからその国の言語を学びたい。
「そうしたら今目の前にいる台湾人のきみたちとももっと楽しく話せるでしょう?」

単純に楽しいんですよ。
それにもっと英語と中国語を日常会話に困らない程度に、むしろ仕事として使えるようになれば、どんなに自分の世界は広がるだろうか、という妄想のせいですね。
妄想大好きなので。

人間単純なので、楽しそう!という欲求のもとに僕は動いているだけのようです。
それがたまたま中国語だっただけ。

そんな理由です。

中国語は中国語ではなく台湾で学べるとわかった

中国語に興味がでると中国語について知りたくなるのは当然です。
現在世界中で中国語といわれているのは、北京語[マンダリン]といわれる言語です。
その他、香港で話される広東語や台湾で話される台湾語もあります。

僕は目の前にいる人が北京語話しているのか広東語話しているのかの違いくらいはわかるので、感覚的にいうと、まじで別の言語です。
いってしまえば東京の人が話す標準語と沖縄とか日本の田舎のおじいちゃんおばあちゃんが話す方言くらい違いがある。
発音の仕組みも違うし、別の言語ととらえたほうがいいくらいです。

なので、中華圏での標準語にあたる北京語を勉強するのがいまのところ最適であり共通語として使える可能性が高いんです。
現に香港では学校教育で北京語を教え始めているくらいですから、重要性は非常に高いわけですね。

台湾も同等で、基本的には北京語が話されます。
それから中国語を学ぶには中国に行くべきだという考え方自体を改めました。

ぼくの場合は縁がある台湾を選ぶことに。
あとは、海外で仕事をしたいとも思っているので、中華圏で仕事するなら台湾がいいな、というのも大きな理由の1つです。

台湾で短期留学。台北ではなく高雄を選んだ理由

もともとは台北の語学センターへ留学を考えていました。
実際に学校に足を運んで申し込みにかかる費用なんかも全部だしてもらったんです。

[台湾留学]台北文化大学を見学して実際の費用・生活費(3か月分)を出してみた

2016.05.04

で、オーストラリアで台湾人と出会い、留学やワーホリを考えていると相談したところ、すすめてくれたのが高雄でした。

理由としては
・台北は物価が高いので生活コストがかかる
・台南や高雄のほうが物価が安い
・台北じゃないからってなまりなども別に気にしなくていい
・高雄なら大きな街だから便利
・ダイビングするので懇丁も近い

といったところです。
台北が都市部だし南部はなまりがあるんじゃないかというのが心配していたのですが、台湾人がそういうのだから中国語初心者の僕は気にしなくていいようです。
現に一緒に働いている台湾人の同僚は台南の女の子と桃園の女の子。
ちょうど北と南なので普通に仲良く会話しているのをみると、気にしなくてよさそうだなこれは、という結論にいたったのでした。

いまのところ高雄中山大学に3ヶ月留学予定。費用は約40万円

友人がいることもあって台南も考えたのですが、どうせなら行ったことないところへ行こうということで、滞在したことがない高雄へ。
台北につぐ第二の都市ともいわれているので、それもかねて。
さっと体験談などをググって調べたところ、僕が調べてでてきた、高雄師範大学は先生の評判がそんなによくない様子。
ということで、その方のブログを参考に高雄中山大学にいまのところ決定。
HPを参考にざっと費用を最安でだしてみました。

3ヶ月間で考えています。
・週15時間で3ヶ月 学費 30000元
・寮費 4人部屋 6000元
・教材費 2000元
・生活費 40000元

その他、台湾までの交通費、保険、ビザ申請費ってところでしょうか。

ざっとみつもっても78000元なので、日本円にすると30万円ちょっと。
交通費だなんだって考えると40万円もあれば妥当かな、あとは節約しだいでかなりおさえられるだろうとふんでます。

おおまかな必要経費についてはすべてHPに記載してあるので、参考にしてみてください。
高雄中山大学 留学費用についてはこちら

留学かワーホリか

僕は現在29歳のため、年齢的にはワーホリで1年滞在することも可能です。
ただ1年滞在すると資金もかかるし仕事次第で生活していけるかだいぶ左右されるため、いまのところはワーホリビザを使わず留学の予定。

知人から台湾で一緒に仕事をしないかという話もきているので、そのタイミング次第というのも正直あります。
タイミングがあえば一緒に仕事をしたいと思いますし、もし縁がなければ留学だけになるでしょう。

そのあとオーストラリアにセカンドビザで戻り、間に合えば31歳直前でワーホリ使って再度台湾に入国することも考えています。
オーストラリアか台湾で縁があって仕事がみつかるなり起業するなり長期滞在できれば海外移住は成功するでしょうし、そうでなければ日本に帰ります。

とまぁ、予定は未定のいきあたりばったりな人生ですが、いまのところそんな感じ。
また気がかわるかもしれませんし、僕としてはオーストラリアにせよ台湾にせよ、ダイビングができる海の近くに住めれば海外移住大歓迎。
あとは運と縁次第でございます。

なぜか日本より台湾が恋しい。
そんな日々をオーストラリアで過ごしています。
ではまた。

「石垣島のウミウシ」Kindle価格99円にて絶賛販売中です。(Kindle Unlimitedなら無料だよ!)

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^