口内炎でも一度は歯医者に行くべき。行ってわかった意外な原因とは?

a tooth
a tooth / Dr PS Sahana * Kadamtala Howrah

たかが口内炎と口内炎をなめてました。

口内炎でも一度は歯医者に行った方がいい理由。
あまりにひどくて長く続く場合、原因がビタミンや栄養不足ではない可能性があります。
ぼくの場合は犬歯がするどいことでした。


小さい頃からよく口内炎ができていた。

小さいころから口内炎には悩まされ、市販の薬を塗っては治るのを待っていました。
ところが先日、右側にできた口内炎がだんだんと悪化、しまいには舌の裏までできてしまいご飯も食べづらいわ水を飲むだけでしみるわと大惨事に。
ついに我慢できず歯医者にいったところ意外なことが原因かもしれないと診断されました。

原因はビタミンCでも栄養不足でもなく犬歯がするどいこと

あまりにひどい口内炎に、はじめて歯医者にいって聞かれたひと言。
「大体いつも同じところに口内炎ができませんか?」
そういわれてみると、いつも右側の同じところにできています。

一般的に口内炎の原因はビタミンC,B2が不足していることや、栄養不足、不規則な生活などがあげられます。
が、ぼくの場合は違ったようで、とがった犬歯に歯茎がこすれ、じょじょに荒れていってるのではないか?という見解に。

結局、「とがった犬歯を少しけずって丸くしましょう」ということになり、処置してもらいました。
これが直接的な原因かはわかりませんが、たしかに同じところに毎回できているし、右側にできたときの治りがあまりにも悪い。
食生活や生活リズムもそうですが、もしこれが1つの原因だったのなら、「人生27年間よくがんばってきたなー右側の歯茎」とほめてやりたい。

びっくらこいた口内炎の新事実でした。
皆さんもおきをつけて。
美味しいものたくさん食べたいですからね!!

きょうのおすそわけでした!

■口内炎の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です