イソギンチャクモエビ/Squat shrimp

イソギンチャクモエビ

【いしがきじま図鑑】へようこそ。
ここでは石垣島で出会った生物を紹介していきます。

この生物について

  • 和名:イソギンチャクモエビ
  • 英名:Squat shrimp
  • 学名:Thor amboinensis De Man, 1888
  • 分類:十脚目 抱卵亜目 コエビ下目 テッポウエビ上科 モエビ科 ヒメサンゴモエビ属
  • 生息環境:イソギンチャクやサンゴの近く
  • たべもの:???
  • 撮影者 しんやりょう

【動画】イソギンチャクモエビ

しっぽをフリフリする姿から、日本人ダイバーには「しゃちほこエビ」とも呼ばれる。
和名のとおり、イソギンチャク類に住むことはもちろん、
キクメイシ、クサビライシなどサンゴの周辺にも多い。

これらの触手には刺胞があるため、魚類や頭足類などの天敵から身を守ることができるというメリットがある。

Wikipediaによると、宿主のイソギンチャクを中心とした行動半径には種類によって差があり、イソギンチャクモエビは宿主からわりと離れる部類であるそう。

イソギンチャクモエビ.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です