スミゾメキヌハダウミウシ/Gymnodoris nigricolor Baba,1960

P2180002

スミゾメキヌハダウミウシ/Gymnodoris nigricolor Baba,1960

分類:裸鰓目 真鰓亜目 ドーリス下目 フジタウミウシ上科 キヌハダウミウシ科 キヌハダウミウシ属
和名/Japanese name:スミゾメキヌハダウミウシ
学名/Scientific name:Gymnodoris nigricolor Baba,1960
撮影地/Dive site 石垣島 名蔵湾 マッシュ1 Ishigaki Nagurabay Mash1
体長/Length 15mm
エサ/Food ???
水深/Depth:10M
水温/Water temperature:23℃
カメラ/Camera:TG-3

分布・生態

分布:西太平洋
体は一様に黒色。
テッポウエビ類を共生するシノビハゼ属やダテハゼ属などのヒレに付着し、ヒレを食べるとされる。
世界のウミウシより

触角・2次鰓・模様

COMING SOON

動画

COMING SOON

撮影地メモ・その他観察記事

P2180009

砂地のポイントにて観察。1匹とことこと砂地をはっていました。
これからハゼのヒレでも食べに行くのでしょうか?
ハゼにどうやって食らいつくのかをぜひ見たいですね。

*本人が撮影した種の写真・動画のみ掲載しております。

P2180002.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です