香港観光

大家好!しんやりょうです。
出張で香港にきました。1日フリーだったので観光してきましたよ〜
香港は初めてなので、王道コース”オープントップバスとヴィクトリアピークで夜景鑑賞”してみることに。

オープントップバス+ヴィクトリアピークからの100万ドル夜景鑑賞

今回は現地ツアーを利用して観光することにしてみました。
利用したのはVeltraというところです。

Veltraで申し込み

香港・マカオ現地オプショナルツアーということで、「香港 オープントップバス」と調べたら出てきたのが、Veltra

香港オープントップバス+ヴィクトリアピークからの100万ドル夜景鑑賞<ピークトラム優先乗車付き>に申し込みました。
日本語ツアーで所要時間約4時間、料金は480HKD(7680円)。
VeltraのHPから登録して申し込み。クレジットカードで支払いできました。



ツアー当日までに必ず準備しておくもの

IMG 2799

少し面倒なのが、必ずバウチャー(予約の用紙)を印刷して持参しなければなりません。
PDFでダウンロードとか、画面を携帯で見せるだけというのがダメらしいのです。
現地で申し込んだので、HP上の「ホテルへFAX」という方法をとり、フロントから受け取る形に。

2日前に申し込んだので、申込後すぐFAXしてもらい用紙を事前にもらうようにしました。
バウチャーの部分だけ切り取って忘れないようにしましょう。

当日のツアー日程

HPにも書いてありますが、だいたいの予定をおさらいしておきます。
19:15 ANAインターコンチネンタル・グランドスタンフォードホテル前に集合、出発、オープントップバスにてネイザンロード見学
20:00 モンコックにて、観光バスに乗換え、ピークトラム駅へ
20:40 ピークトラム乗車 ※登りのみ
21:00 ビクトリアピーク展望台 (下車、約20分滞在)
22:30~23:00 宿泊ホテルへお送り(※市内ホテルのみ)

現地集合場所はこんな感じ

IMG 20151214 184716

実際に参加した感想とか、こうやった方がもっと楽しめますよ!というのも書いておきます。
18:50くらいに集合場所のANA インターコンチネンタル・グランドスタンフォードホテル前に到着。
*近くにもう1つANAがあるので集合場所の間違いに注意。

地下鉄MTRを使って行きたい方は、尖東站(East Tsim Sha Tsui Station)から歩くと10分もかからないです。

IMG 20151214 185438 HDR

集合場所のホテルの反対側には、道路を挟んでショッピングモール?らしき建物が。
トイレがあるので御手洗はここでも良いかと思います。

IMG 20151214 185705

目印の看板を持ったお兄さんが建っていてくれました。(19:00前)。
”屋根なし観光バス”っていう日本語は、あんまりいい響きではないですね。

IMG 20151214 190140

ガイドは日本語の話せる現地人でした。
バウチャーを確認すると、「列に並んでください!」と並ばされます。
座りたい席が決まっているなら早めに並んでおく方が良いです(19:00過ぎに着いて3番目くらいでした)。

IMG 20151214 191115

バスがすぐそこに。
到着順にバスに乗って行きます。2階建のバスの2階に申し込んだ全員が乗るというスタイル。
ちなみにバス内にトイレはありませんでした。ガイドさんも注告してくれます。

IMG 20151214 191227

真ん中の席に座ってみました。
ツアーなので僕のように1人での参加もあれば、カップル、3人、5人と人数もバラバラです。
一番前と一番後ろが4人程座れて、あとは左右2人ずつの席が続いてます。

人数がバラバラな関係で、スペースを上手く使うように1人での申し込みの人は移動させられることもあります。
結局別の席に移動しちゃったので窓側じゃなくなりました。ちーん。

オープントップバスのツアーがスタート

IMG 20151214 192135 HDR

ツアーがスタートしました。
ビルは大体ピカピカ光っております。クリスマスですな。

IMG 20151214 194726

撮るのを忘れてしまいましたが、港の方とか夜景はかなり綺麗です。
結構なスピードなのでガイド以外は基本的に立ってはいけないルールになってます。
途中「2分だけですよー」とバスが止まり、皆ここで撮影会。

実はこのツアー、①オープントップバス+ヴィクトリアピークで夜景チーム②オープントップバス+女人街で散策という2チームが混合になっておりました。
夜景チームはオープントップバスに乗って走るのは1時間ほど。写真を立って撮るのはこの2分間だけだったかと。ツアーってコンパクト感が凄まじいですね。

IMG 20151214 194736

バスの上はもちろんオール日本人。
ガイドの方は結構日本語が上手で笑いも取りながら進行していきます。
クイズとかも出されるので、前方と真ん中の人はマイクでフラれたりもします。めんどくさかったら後ろの方がいいかもね。

IMG 20151214 194921

建物もバスも基本的には縦に長い。
いろんなものが上の方に伸びております。
スペースの有効活用ですな。

20:00 夜景チームはバスを乗り換え。ヴィクトリアピークへ

IMG 20151214 202632

1時間ほど経つと、チームごとに分かれます。
ヴィクトリアピークで夜景のチームはバスを乗り換え。こちらは12人、女人街散策の方が人気のようでした。

またバスを走らせ、ヴィクトリアピークへ行くピークトラム(山頂列車)乗り場へ。

IMG 20151214 223038

ここからはガイドが別の人になりました。今度は日本語そんなに上手じゃないおとなしめの人に。
ツアーの最初にもらっていたシールは、このガイドの人の連絡先、そしてピークトラムの乗車券もここでもらいます。

人だかりやばすぎ。ツアーの優先乗車でスイスイ進む

IMG 20151214 202715

チケット売り場はめちゃくちゃ混んでました。
ガイドさんいわく「今日は少ない方です」
これは並びたくないな〜

IMG 20151214 202848

チケットを買う必要もないので、スイスイと乗り場へ。
この大混雑。写真右側はチケットを購入して並んでいる一般の人達。
ツアー参加者は左の方からスイスイと一番前まで。これは申し込んだ甲斐があります。
*夏場の団体客が増える時期はツアー参加者が多すぎて、優先乗車でも1時間待ちとかなることもあるそうな。一般客一体
どんだけ待つんだって話です。

ピークトラム到着から乗車までは一般客と混ざるので、多少のゴタゴタに耐える心持ちは大事です。
ガイドさんいわく、オススメは右側に座ること
夜景が見えるのが右側だけなので、左側に座っていると乗車中の景色が見えづらくなります。右側に座りましょう。

IMG 20151214 204116

ピークトラムの中はこんな感じ。
12月なので気温も17~20度。夏は36度!なんて日もあるそうで、今日は快適。
数日後には最低気温12度くらいまで下がるらしいので寒いの苦手な僕としてはラッキー。

ヴィクトリアピークからの100万ドル夜景鑑賞

山頂に到着したら、夜景が見える場所まで案内されます。
ここから20分の自由時間。お土産売り場とか全無視で夜景が見える場所を目指します。
実際に滞在したのは20:50~21:20の30分くらい。移動とかは抜いて20分、わりとゆったりめに時間設定してくれました。

IMG 20151214 210145  1

これが100万ドルの夜景だ!ヒャッホーイ!!
手持ちの携帯Xiaomiで撮影したのでこんなもんですが、実際はめちゃくちゃキレイ!
一人でも「おーーっ!」っと感動しちゃいました。

Hong Kong Skyline
Hong Kong Skyline / das farbamt

一眼とかコンデジで設定してキレイに撮れば、こんなに伝わる写真が撮れるんですね。
最近携帯しか持ち歩かないので油断しておりました。
これはキレイだ。
是非とも一眼レフ持参をオススメします。

IMG 20151214 210553

山頂は寒いので、夜景もそこそこにフラフラしてみることに。
ピークトラムの戻りの便。めちゃくちゃ混んでおります。
これも少ない方だとか。

香港の天気は変わりやすいそうで、夏は暑さと湿気、雨が降る日もあれば、春先は霧がかかって何も見えなくなる日もあるそう。
今日はそんなに寒くもなく夜景もキレイで(少し霧がかってましたが)楽しめました。

ツアー参加者の帰りは待ち時間ゼロでバス送迎

ツアー参加者の魅力は、戻る際に待ち時間がないこと。
集合したら来る時に乗ったバスがお出迎え、そのまま指定のホテルまで送迎してもらえます。
一般の人は全部で一体何時間待つことになるんでしょうね。天気悪かったら最悪ですよこれ。

予定通り22:00過ぎから22:30くらいにはANAホテル周辺まで戻ってきました。
あらかじめ指定していた場所で順番に降りていき、ツアーは終了。

ツアー参加のメリット・デメリット

とまぁ、ツアーに参加してオープントップバスと夜景を楽しんできました。
個人的に感じたメリット・デメリットも書いておくので、ツアー参加に迷っている方、自力で行きたい方も参考にしてみてください。

メリット
・待ち時間の短縮
・移動が楽ちん
・ガイドがいるので余計な心配とかしなくていい

デメリット
・ツアー内容に含まれてないものは省かれる。(お土産とかカフェによるとか無理)
・現地人の日本語はピンキリなので、わかったりわからなかったりする、相性がある
・自分で探索したりする自由さはない

ざっとこんなところでしょうか。

あるといいな!と思った持ち物リスト

ツアー参加がもっと楽しくなるであろうものを参加後に考えてみました。

・冬はコートやジャケット類は絶対必要(山頂は気温が下がります)
・一眼レフ、高性能コンデジ。Goproあったらオープントップバス絶対楽しい!
・セルフィーあると一人でもカップルとかでも楽しめるかと。(ガイドさんにもお願いして撮ってもらえます)

まとめ

はじめて訪れる地は、王道の観光地をまわるに限ります。
香港ならばビクトリアピークの夜景を見たり、ネイザンロードを走るオープントップバスに乗ったり、どれもそれなりに楽しめまして、僕もいまだに5年に一度はオープントップバスに乗って楽しんでいます。

高城剛さんのメルマガを読んでいるので、初めての香港旅行のオススメを聞いてみました。
最初は王道!これは間違いなかったです。
ツアー参加するかどうかは別として、オープントップバスとヴィクトリアピークの夜景は是非1度は体験しに行きましょう!!

*レートは2015年12月当初のものを参考にしています。

他の方の体験談もどうぞ。
マニアック香港 | オープントップバスで夜の香港を満喫する

香港観光.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です