Sea Slug Census December 2017 開催結果。ウミウシの総数101種類。

先日参加してきました、ウミウシ一斉大調査(ちょっと大げさに言ってみる)の開催結果が発表されていたので、シェアしておきます。

Sea Slug Censusとは

ニューサウスウェールズ州(NSW)のネルソンベイで開催される、ウミウシ調査企画。
かんたんに言うと、フォトコン形式で「みんなでウミウシたくさん探しましょう!」という感じです。
毎年3月、6月、9月、12月に開催。

特に難しいルールとか制限とかはなく、バディと一緒にダイビング・スノーケル・磯探しのどれかで2日間に観察できたウミウシの写真を撮影。
規定のサイズに編集して1週間後の締め切りまでにメールで送るだけ。

同定もしなくていいので楽だし、開催結果のファイルをみれば自分が撮ったウミウシの名前がわかり、写真を使ってくれてる場合もあります。
僕らのチームの写真も4枚ほど使用されてました。
開催者全員の写真を数枚ずつ使ってPDFファイルを完成させるようです。

2日間の開催のうち、最終日はかんたんな持ち寄り(BYO=Bring Your Ownと呼ぶ)パーティみたいなのをすると書かれていたのですが、
とくに人がわんさか集まっている感じでもなかったので今回はスルー。

フォトコン形式と言っても、商品や表彰などがあるわけでもないので、結構自己満足で終わる感じでもあります。
人数が増えてきたらすごく賑やかになるのかもしれません。
が、ウミウシはとにかくたくさん出るので単純に楽しいです。全然土地勘ないしポイント知らない僕らでも大満足でした。

今回は12月の部に参加してきました。

2日間のウミウシ総数101種類

▼開催結果はこちらから
SeaSlugCenses December 2017

参加者の総数が44人、バディ形式なので22チームというところでしょうか。
ビーチダイブできるポイントが6か所、ボートダイブも含めて2日間で合計101種類のウミウシが観察できたようです。

主催しているのが海洋学部のあるサザンクロス大学なので、地域のウミウシ総数を定期的に調査する+研究目的できている研究者の方とかもいるのかな?
その辺は主催者とちらっとあっただけなので、わかりません。

このSeaSlugCensusは、2013年からの開催で、これまでの統計によると210種類以上のウミウシがこの地域で観察できているそうです。
僕らは今回1DIVE70分×3日間で、毎日10~15種類ほどの観察数でしたが、現地のダイバーさんたちは1DIVE20種類越え、ナイトダイブになると30種類ほど観察できたという話も聞いています。

沖縄や伊豆などに比べたら総数は少ないかもしれませんが、オーストラリア固有種を含む、こちらでしか見れないウミウシがけっこう多いのは魅力的。
日本人ダイバーがよく行くようなバリやフィリピンでもみれないウミウシが多く観察できるようであれば、まさにウミウシ天国といえるでしょう。

その辺は今後調査予定、また次回参加する際に、もっといろいろ聞けたらなと思ってます。

ではまた次回。

▼過去の開催結果はこちらから閲覧できます
Sea Slug Census Project

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^