チゴベニハゼ/Rubble Pygmygoby

チゴベニハゼ

【いしがきじま図鑑】へようこそ。
ここでは石垣島で出会った生物を紹介していきます。

この生物について

  • 和名:チゴベニハゼ
  • 英名:Rubble Pygmygoby
  • 学名:Trimma naudei Smith, 1957
  • 分類:スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ハゼ亜科 ベニハゼ属
  • 生息環境:内湾のサンゴ礁域の礁斜面、壁面に開いた穴など
  • たべもの:???
  • 撮影者 しんやりょう

青と灰色がかった頭部、体に白い斑紋があるのが特徴。

ベニハゼと区別の仕方は、第一背鰭の第二棘が糸状に伸びることだそうな。
たしかにピョーンと伸びていますね。

この辺の違いは図鑑を見ないと全然わかりません。
もっと勉強しなきゃ。

チゴベニハゼ.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です