タテヒダイボウミウシ Phyllidia varicosa Lamarck, 1801

タテヒダイボウミウシ Phyllidia varicosa Lamarck, 1801

このウミウシについて

分類:裸鰓目 真鰓亜目 ドーリス下目 イボウミウシ上科 イボウミウシ科 タテヒダイボウミウシ属
和名/Japanese name:タテヒダイボウミウシ
学名/Scientific name:Phyllidia varicosa Lamarck, 1801
撮影地/Dive site 沖縄 砂辺浄水場前
体長/Length 40mm
エサ/Food???
水深/Depth:7M
水温/Water temperature:21℃
カメラ/Camera:TG-4)


分布・生態

分布:インド洋、西太平洋、紅海
体地色は青灰色。
背面には黄色のイボ状突起とそれを一列に取り囲む青灰色の畝が縦に並ぶ。
この畝は背面中央部に3列あり、畝と畝の間には黒色の縦線が入る。
体側にある畝は途切れたり乱れたりする、そこに黒色の線が放射状に入る。
ソライロイボウミウシに似るが、本種は正中線上に青灰色の畝が縦走する事で区別できる。
触角は黄色。
体は大きく本科の中では最大になる。
115mmに達する。

触角・2次鰓・模様

COMING SOON

動画

COMING SOON

撮影地メモ・その他観察記事

  • 2016.03 沖縄砂辺浄水場前 21C,7M,40mm

*本人が撮影した種の写真・動画のみ掲載しております。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です