PADIダイビングインストラクターの更新費用2016

Padi

PADIのインストラクターになって半年。
ダイビングのインストラクターとして働くためには更新費用+保険料を支払わなければなりません。
来年度の引き落とし案内がきました。


PADIダイビングインストラクター更新費用の案内通知がきた

IMG 2499

ダイビングの団体としてはメジャーなPADI。
このPADI、更新費用だ保険料だと色んなところでお金を請求してきます。
ダイブマスター、インストラクターからは”プロ”という扱いになるので、この業界で働く以上は必ず必要な費用。

”重要”という文字の描かれた黄色い封筒がきました。
ずっと続けてる方からすると「今年もきたか。」という感じでしょうか。
石垣みたいなリゾート地ならこの封筒きたら夏も終わりか。なんて気持ちになるかもね。

2016年更新費用+保険料は合計約6万円

IMG 2500

もちろんランクによって価格も違うようですが、OW(オープンウォーター)インストラクターの場合、こんな感じ。

  • PADIインストラクター更新費用¥31320
  • EFRインストラクター更新費用¥5778
  • 保険料¥37000(総合タイプ)

保険は色々タイプがあって、賠償保険のみのタイプに切り替える予定なので¥37000から¥21000へ。
合計¥58098円なりー。

石垣島でインストラクターとして働くなら月給10~15万スタートなんてとこでしょうか。
薄給を覚悟で働いているものの、年間6万は結構痛い。が正直なところ。

プロとして働く以上は当たり前のものですが、いやーそれにしても高いって思っちゃうね。
島の生活は内地と比べて給料安い分、生活費もかからないのが魅力。

仕事が楽しいだけに、このブログも含め副業の可能性も探っていかないとと思う今日この頃でございます。
ダイビングのインストラクターを目指す方の参考になれば嬉しいです。

KEEP DIVING!!

padi.gif

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です