PADI DM(ダイブマスター)がIDC&IEを受験したら大体46万円かかった。[内訳]

Picture 27_2
Picture 27_2 / shukka

先日PADIのIDC&IEを受験して合格しました。
これで無事インストラクターとしてのスタートをきることができそうです。
ものすんごいお金かかったので、これからIDC&IE受ける方のために総額と内訳を記載しておきます。


IDCとIEの総額46万円の内訳。

今回ぼくはショップ勤務しながらDMとしてIDC&IEを受験しました。
ちなみに石垣島から那覇まで行き受験してるので、交通費や滞在費等のコストも含みます。
*計算めんどくさいので細かい端数は割愛します。

・IDC+EFRI ¥170000
・EFRIの申請費 ¥7500
・IDC登録料¥24000
・IE費用 ¥81000
・必要な教材費 ¥60000
・e-leaning ¥43000
・PADI病歴診断書 ¥2000
・石垣ー那覇交通費 ¥0(マイル使いました)
・那覇での宿泊費と滞在費 ¥50000
・合格後の申請費(スペシャリティ、保険切替) ¥22000
総額:¥459500!!

滞在日程の内訳

ぼくの場合、移動日に2日、IDCに6日、中3日の休日(予備+準備日)、IEに2日。
合計13日間の滞在となりました。
約2週間があっという間。

インストラクターになるには50万くらい必要だった。

きちんと合格すれば人生に1度のインストラクター試験。
せっかくなのでと那覇でのIDC&IE受講を選択。
初のビーチダイブだったり水温低かったり、全部初のダイブサイトだったりと、いろんな経験もできました。
休日に慶良間でダイビングできたしね。

近場で受験すれば知っている場所での開催という”安心”やコスト面での節約になります。
遠方であれば、新しい出会いや違うダイビングスタイル、ショップの経営方法など、違うものを見るいい機会に。
人生1回きりなので、予算や求めるものによって受ける場所を選ぶといいでしょうね!

やっとスタート地点に立った気分です。
にしても、PADIお金とりすぎ!!
きょうのおすそわけでした!

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です