2017-12-04 Pipeline,Nelsonbay,NSW,Australia 896本目

ポイント名:Pipeline,Nelsonbay,NSW,Australia

見つけたウミウシの種類:13種類

スタイル:ショアダイブ
風向き: ??Km/h
潜水時間:73min
水温:16.2℃
最大深度:12.7M
透明度:8M~

[本日出会ったウミウシたち]
・コトヒメウミウシ Goniodoridella savignyi Pruvot – Fol, 1933 -1
・コモンウミウシ Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881) -1
・シロミノウミウシ Bulbaeolidia alba (Risbec, 1928) -1
・ハクセンミノウミウシ Cratena lineata
・ベニシボリ Bullina lineata (Gray, 1825) -3~
・ミスガイ Hydatina physis (Linnaeus, 1758) -1
・Aphelodoris varia -1
・Ceratosoma amoenum -3~
・Flabellina rubrolineata (O’Donoghue, 1929) -1
・Goniobranchus daphne -1
・Hypselodoris bennetti -3
・Mexichromis festiva -1
・Polycera capensis -2

[参考]
Nudibranch Central(Australia)
世界のウミウシ
Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific
Diving Nelsonbay
Sea Slug Cencus Project

*和名が存在するものは、できるだけ和名の記載もこころがけます。
和名が存在しない場合は、学名でのカタカナ表記としています。
名前後の数字はダイビング中に観察できたおおまかな個体数です
ウミウシの名前については諸説あるので、間違っていた場合は極力訂正するようにしています。

ネルソンベイ最終日。
当初の予定だと、水温低すぎるので、初日1本潜って無理そうだったら、スノーケルとか磯探しにきりかえてウミウシ探すつもりでした。
が、楽しすぎて寒くても頑張って潜ろうということで、予定も変更して1日滞在を延ばして、連続3日間潜ることに。

水温が23度とかあればボートダイブもしたかったんですが、、
今回はショアダイブのみ。
それでも十分に楽しかった、むしろ楽しすぎました。

真剣にこの場所で将来、ガイド業ができたらと考え始めたくらいです。
生物も豊富で、抜群のダイビング環境。

最終日は、地形とか覚えたかったのと、探したいウミウシを探してじっくり写真を撮りたかったため、セルフで潜ることにしました。
目的のウミウシも見つかって満足。

現地で出会ったいろんな方々に本当に感謝です。
絶対また戻ってきます。

一度潜って大好きになったポイント。Pipeline。

エントリーも楽チンです。

また会いました。Mexichromis festiva

ベニシボリ Bullina lineata (Gray, 1825)

Pipelineの名前の由来。パイプが水中にうまってます。

Ceratosoma amoenum
わりとよくいるみたいです。触角欠損してました。

Ceratosoma amoenum 大きいやつ。

Flabellina rubrolineata (O’Donoghue, 1929)
クイーンズランドではたくさんいるのに、こっちにはミノウミウシ系が少ないです。
こっちはカイメンが多いので、エサの違いですかね。

Aphelodoris varia オーストラリア固有種。

図鑑写真ふうに一番キレイに撮れた!と自負する1枚。
ストロボなしでコンデジで毎回これくらい撮れるようになりたい。

ミスガイ Hydatina physis (Linnaeus, 1758)
大きすぎです。

パイプ。
タツノオトシゴがいるエリアと、パイプがうまっているエリアと別の方角なので、2本、3本と潜り分けなきゃいけないくらい広い。
ナイトダイブも含めるとヤバイでしょうね。

デコレータークラブ。和名あるのかな?
また小さいコブシメが数匹泳いでおりました。
みたことないエイとか、タツノオトシゴとか、本当に生物が豊富。

Goniobranchus daphne

コモンウミウシ Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881)

コトヒメウミウシ Goniodoridella savignyi Pruvot – Fol, 1933
みたことなかったんですが、もうこれ最後のほうで手が震えて撮れませんでした。残念。

あとから相方に聞いたら、こいつは見えてなかった代わりに、別のウミウシがいたそうです。
シロミノウミウシ Bulbaeolidia alba (Risbec, 1928)でした。

ハクセンミノウミウシ Cratena lineata

Hypselodoris bennetti

Polycera capensis

今回の目的だったウミウシです。
現地では「パンクウミウシ」と呼ばれてました。
たしかにパンク。

1日目は他のダイバーさんも一緒だったこともあり、このウミウシがいるエリアに行ってなかったみたいです。
Simonが、このウミウシ探すならとダイブサイトマップをくれたり、潜る前にあった現地のダイバーさんが「それならあのへんの7~9M付近にいるはずだよ」と教えてくれました。

無事発見。
本当に感謝。そして楽しすぎました。
また絶対帰ってきます。一体何回いってるんだろ?

それくらい楽しかったです。
また次回。

2日間一緒に潜ってくれたSimon。ありがとう!!
今回お世話になったお店はこちらです。
Lets Go Adventures

RYO
またネルソンベイに潜りにくるぞ!

【新刊発売!】
「月刊オーストラリアのウミウシ2017年10月号」Kindle価格280円にて絶賛販売中です。(Kindle Unlimitedなら無料だよ!)

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^