Shared img thumb OOK3S0320140322153050 TP V

ハイサイ!しんやりょう@umiushimeshiです。

人のはなしをきちんと聞かないことで有名なぼくですが、友人からお悩み相談をうけました。

その人は人生の岐路に立ってて、「AとBと選択肢があって、これからどうしたらいいと思う?」という内容でした。

はなしを聞きながら、というか話しながら「そもそも悩むってなに?悩みってなんだろう?」と思ったので、自分なりに考えてみることにしました。

結論を先に言うと、自分の目的をハッキリさせてしまえば、悩むことなんてそもそもなくなる。です。

「悩む」とは

まずは辞書で「悩む」の意味を調べてみました。

大きく分けて3種類に分類できるようです。

  1.  結論が出せなくて苦しむ。思いわずらう。 例:将来について悩む。家庭内のもめごとに悩む。
  2. 肉体的な苦痛で苦しむ。病む。例:持病の神経痛に悩む。
  3. 動作の進行がうまくいかなくて苦しむ。例:のびなやむ。

かんたんにいうと、”苦しんでいる状態が続いていること”でしょうか。

なんか似た意味の言葉ないかな〜と考えてみると、同じようなシチュエーションで使う「迷う」という言葉。

決断ができない。どうしたらいいかわからない。

実際に使ってみながらかんがえてみます。

「石垣島に移住しようか地元に帰ろうか迷ってるんだよね〜」
「石垣島に移住しようか地元に帰ろうか悩んでるんだよね〜」

両方アリですよね。

「チキン南蛮定食と唐揚げ定食どっちにしよう?なやむ〜」
「チキン南蛮定食と唐揚げ定食どっちにしよう?まよう〜」

なやむは少し△な気がします。

「今からポケモンGOしにバンナ公園行こうか、それとも唐人墓行こうか。なやむ〜」
「今からポケモンGOしにバンナ公園行こうか、それとも唐人墓行こうか。まよう〜」

比べてみると、「なやむ」って基本苦しみをともなうもので、「まよう」は結論どっちにころんでもいいようなこと、そんなイメージです。

迷う=その場の決断ができないだけ、なやむ=決断できない状態がつづいて苦しい、迷う→悩む、そんな捉え方もできます。

なぜ人は悩むのか

辞書のとおりで考えると、人が悩むのは、決断できない状態が苦しい、それが続くということ。

ではなぜ決断できないんでしょう?

「Aを選んだらこういうメリットがある、デメリットがある」でも「Bを選んだらこういうメリット、デメリットがある」

つまりAとB、どちらをとっても自分に同じようなメリットとデメリットがあるという状態。

必ず自分は得をしたいんだけど、どちらにしたら得なのかわからない状態とでもいえます。

悩む人と悩まない人の違い

相談をうけていて思ったのは、その人のように悩む人もいれば、ぼくのように悩まない人もいるということ。

いったいなにが違うんでしょう?

考えてみるに、1つは「自分が得をするかどうか」が目的になっているパターン。
AでもBでも得をする、損もする、どっちの得をとるか、難しいですね。

これって目的がない、つまり「AでもBでもやりたいことがハッキリしていない」んではないか。
自分としてはAも選べるしBも選べる。どっちでもいい。
けど、自分にとっていい方を選びたい。それがどっちかはわからない。悩む。

悩まないぼくの場合。
目的がある。目的を達成できる方法がAとBとある。いまの自分の優先順位がある。お金、時間、人間関係など。
→自然と優先順位が高い方法を選ぶ。

目的がハッキリしているため方法論としてAかBか選ぶだけ、優先順位もハッキリしているので、どっちにしようか?なんて迷いません。

人に相談するといえば、「○○しようと思っていて(目的)、AとBという方法があるからAを選んだんだけどどう思う?」
ここでのぼくの目的は、AとB以外のあらたな選択肢Cの存在があるかどうかです。
なので、基本相談しませんが、内容によって相談する相手を選びます。

悩みをどうやって解決するのか

となると、結論、自分の目的がハッキリしていればいるほど、悩むことなんてそもそもない!となります。

目的がハッキリしていれば、AかBかはたまたCか、方法論で迷う(どれでもいい)だけで結論は必ずでますよね。

自分が悩んでいると思った人は、「いったい自分は何をしたいのか」その目的をまずハッキリさせた方がいいと記事をかきながら思いました。

ちなみにぼくがオススメする人へ相談するときの方法は、自分が一番信頼できる人に「こういうことをしたいんですけどAさんはどう思いますか?」と聞く
→Aさんの答えを聞く→答えを聞いたときに自分がどう思ったかを大切にする、というやり方です。

信頼できる人の考え方を聞いて鵜呑みにするのではなく、それで自分の思いをゆすってもらう(おい!お前どう思ってるんだよと脳みそにきく)、結果自分の本当の思いがわかる、というやつ。

妹の旦那さんの父親に教えてもらった方法です。めったに使うことはありませんが、よいですこの方法。ありがたや。

あとがき 困ったら楽しいと思うほうを選べ!悩み苦しんでる場合じゃないですよ

Sougen

いろいろ話しましたが、判断方法の1つとして、「楽しいほう、自分がワクワクするほうを選ぶ」のが僕の迷った&悩んだときの基準となってます。
それなら必ずどちらかが勝るので決められないことはまずありません。

そこに「でも大変かもなぁ」「苦労しそうだなぁ」という感情がでたらそれは無視です。
ただ脳みそが楽をしたいだけなので。
”楽”と”楽しい”は別物です。

楽しいほう、ワクワクするほうを選んで、もっと人生楽しんでいきましょう!

悩んでいる人の突破口になればうれしいです。

しんやりょうでした。

ご案内

ウミウシ飯ってなに?しんやりょうプロフィール
ウミウシ図鑑更新中!!
ワーホリでオーストラリア行きます
石垣島でポケモンGOコンプリート!!

人気記事セレクション

  1. 石垣島に移住して3年目のぼくが「移住してよかった!」と思う5つの理由
  2. ホリエモンが絶賛!Xiaomi(シャオミ)の公式ストア「台北小米之家」にいってきた。ちょっとした台湾お土産にも最適!
  3. スラスラ読める!はじめての古事記(現代語訳)ならこれがオススメ。
  4. 我的中文不好[Transition 前進樂團]の歌詞 英語/中国語/日本語
  5. ウミウシの上手な探し方。
shared_img_thumb_OOK3S0320140322153050_TP_V.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です