[台湾]コスパ最強の宇宙空間。墾丁「星空太空艙(スペースカプセル)」が心地よすぎて連泊中。

Kontei spacecapsule

海が好きすぎて朝起きたらエラが生えてきてました。

大家好。そろそろ海にかえりたい、しんやりょうです。

台湾リゾートといえば墾丁!
一度も行ったことないのでやってきました。
とりあえず3日間の予定を6日間滞在することに。

だって、泊まってるホテルが安いしキレイだし快適すぎるんだもん。
シングル(バス/トイレ共用)で1泊1600円〜はコスパ最強でしょう。
墾丁「星空太空艙(スペースカプセル)」をおすすめしまくります。


星空太空艙(スペースカプセル)を探検してみる

▼Booking.com 星空太空艙(スペースカプセル)

Booking.comで発見。
ホテルの詳細はHPで見てもらうとして、実際に宇宙空間を体験した感想を。

外は常夏。3月なのに半袖で暑い

20160307183924

というわけで、到着しました。
3月ということもあり、期待していた水着のお姉さんは路上を歩いておりません(何の期待かw)
半袖でも暑い常夏の墾丁に宇宙空間あり。

外見は、バイクめっちゃ並んでて宇宙な感じはしません。

20160308160047

受付。
なんかちょっと宇宙な匂いがしてきたぞ。
英語と中国語対応なので、ありがたいです。

廊下から宇宙がはじまる

20160307180840

受付を済ませて部屋の案内を。
でた。宇宙空間。
シンヤリョウ、いっきまーす!

20160307180934

バス/トイレ共同なので、部屋があるのはこういうドミトリーのような空間。
日本でいうドミトリーのように、隣が丸見えとかベッドだけとかではありません。

1つずつ部屋にカギがあるので、荷物は全て部屋の中へ。
これは海外でも安心。

部屋に花が!花がおいてあるよ!

20160307175828

わたしの部屋がこちら。
各部屋にアルファベットがあてられており、”J”です。
宇宙空間なのでちょっとくらいのピンボケはご愛嬌。

20160307175813

「おや、これは・・」
なんとタオルでつくった花が!

20160307180101

上からの図。
これはすごい。価格が価格なだけに、すごいぞここは!

20160307180107

「一体これはどうなってるんだ・・・」
バラしてみました。
バスタオルとハンドタオルを組み合わせて。
ぼくのような隊員にここまでしてくれる艦長って一体・・・

シングルルームはこんな感じ

20160307180407

飾られている絵画もなんとも言えぬ。
枕は低反発だし、毛布もふかふか。

20160307180326

飲食禁止ですが、ペットボトルの水が1本。
フロントにたくさんおいてあるので、水好きの隊員にはたまりません。

コップに歯ブラシセット、ティッシュ、テレビのリモコンなど。
ゴルゴ隊員も気に入ったようですな。

20160307180334

鍵はいたって普通。

20160307180421

中からロックがかけられるようになってます。
間違えて部屋を開けられるようなこともなし。

20160307180634

部屋を出るときは鍵をすればOK。
持ち歩ける小ささで楽です。

20160307180414

台湾っていちいちオサレだな〜と思います。
ドミトリー巡りをしたいくらい、ホテルよりドミトリーがオサレ。

20160307180554

鏡。黒いスイッチが1つ。これだけよくわかりません。

20160307180417

タオルなどをかけるスペース。

20160307180557

20インチくらいある大きめのテレビ。

20160307233820

台湾のテレビはチャンネル数が豊富です。
100以上は当たり前、200~300以上はあるのではないでしょうか。
チャンネル1周するだけで結構時間かかります。

ちびまるこちゃん(小丸子)やポケモン、あたしん家など日本のアニメやドラマも。
台湾のローカル番組だけでなく、海外の映画FOXとか、ナショナルジオグラフィック、MTVとか中国語字幕で見れます。

こっちはお坊さん?が数チャンネル持っていて、ありがたいお話がいろいろ聞けるとか聞けないとか。
900番台がアダルトと音楽を含むラジオチャンネル。
試しに”0000″と入力したら解除できたw

10個くらいあるうち2個だけなぜか見れるようにw
やっぱり日本のAVでした。すげえなw
日本アニメは単語も簡単で内容も把握しやすいので、勉強がてら結構見てます。

20160307181706

WIFIもバッチリ。エリアごとにあるので、全然遅さも感じず快適。

20160307180245

コンセントは穴が2つ。
Panasonic製。日本のそのままで使えます。

スイッチは右側は冷房。
廊下はさむいくらい冷えてることもあり、スイッチで部屋の中の冷房は調整できます。

さむがりの隊員には、かなり助かりました。
アジアがそうですが、建物とかホテルの冷房が効きすぎてさむすぎるのはよくある話。

左側のスイッチはというと・・・

20160307180230

ブラックライトで宇宙空間に。
もちろん普通のライトとも切り替え可能。
カメラが近すぎてコントラスト強めな写真になっておりますが、実際はもっとやんわりなので気になりません。

粋なサービスですね。

バス/トイレはこうなっている

20160307180651

共用のバス/トイレ。
ぼくのエリアには2つ。
15ほどの部屋で共有する感じ。
廊下のほうにもさらに2つだか3つあります。
タイミングいいのか、トイレ/風呂待ちも今のところなし。

Booking.comのレビューにもありますが、夏場とか人が多い時期はちょっとまずそうですね。
せめてトイレだけのスペースが1つ2つあればもっと快適になっただろうに。

まぁでも今のところは快適に過ごしてます。

20160307180710

アロマ。

20160307180713

ハンドソープ。

20160307180736

洗面台はTOTO。

20160307180724

シャワー。
この大きなスタンド、カラン、小さなシャワーヘッドもあって使いやすい。

20160307180854

アメニティは場所によって若干違うようでした。
ボティソープ、シャンプー。

20160307180715

ドライヤー。

20160307180727

トイレ。
バスルームなのでトイレ/シャワーが一緒です。
狭さを感じることもなく、「ここ濡れても大丈夫かいな」と思うことがありますが、快適でした。

*トイレとシャワールームの間に仕切りがあるところもありました

工事費や予算の関係もあるでしょうが、日本のドミトリーって汚い、うるさい、不潔ってイメージが少なからずあります。
女性専用が多くて、男は男、女は女という分け方。

台湾はドミトリーも男女共用が多いように感じます。
同性愛も一般的だし、日本のような分け方をすること自体「なにそれ?」って感じなんでしょうね。

もちろん、専用もあるのですが、男女共用をマイナスと思わせない(女性がどう思うかわかりませんが)雰囲気と快適さがあります。

なんでしょうねこの感じ。やっぱり日本独特の空気感ってやつでしょうか。

無限飲食やばいw フリースペースの充実っぷりハンパない

フロントの横にはイートスペースがあります。
ここで飲食をするならOK。

20160308155812

水。何本でも好きなだけ。

20160308155831

お茶、コーヒーや紅茶など。

20160308155756

マシーンで水、温水、お湯の3種類。
1つの機械で全部ってすごいですね。

水、温水が飲み物用、お湯はカップラーメン用。
白湯飲みたい方はお湯でもよし。

20160308155800

大量のカップラーメン。これもタダ。
5種類ほどありました。
節約したい人はこれもアリですね。身体によくないけどw

20160308161331

1つ試しに食べてみました。
素食(スーシー)sushi。
素食とはベジタリアンフードのこと。

台湾素食には大乗仏教や道教の全真教などで
食べることが禁じられている三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、
地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)
および五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)を一切用いない。
肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わない。
出汁にも肉や魚介類を一切使っていない。
昆布とシイタケは出汁だけでなく、食材としても好んで使われる。
▼Wikipedia 台湾素食より引用

人口の10%がベジタリアンという台湾。
素食はいたるところで見かけるので、健康的!
味付もシンプルでカップラーメンにしては美味しかったです。
うん、わるくない。

20160308155807

飲み物も充実。
炭酸が多いね。

20160308155825

飲み放題って意味なんでしょうけど、無限ってことばw
なんか「おぉ〜〜〜〜っ無限!」ってなるこの感じ。

20160308155241

お菓子も無限。

20160308155750

バリエーション多いお菓子が無限に。

20160308155816

無限じゃない消臭剤的なもの、綿棒とか。

ランドリーサービスも無限

20160309112634

ためにためこんだ洗濯物。
そろそろ洗濯したいな〜と思っておりました。
ランドリーサービスもタダ。
シャツ、下着類、パンツ、タオル、靴下、全部大丈夫でした。

枚数も特に制限がないようで、無限に洗濯できますw
フロントに預けて、大体丸1日でかえってきました。
念のため、きちんと全部戻ってきたか確認を忘れずに。

海まで5分。屋台100以上!

20160308152401

立地も最高。
海まで5分で行けます。
全然磯くさいとかないしサーフィンに良さげ。

20160307184001

屋台は100以上あります。
ホテルの前の通り沿いにずら〜っと。
クラブらしきものは1軒しかなく、外の音がうるさいってことも全くありません。

でも1歩外にでると、すごい賑やか。
レストランは21時ごろまで、屋台は早いと21時,22時で帰りはじめます。

夜遊びしないなら19~22時くらいが一番楽しいでしょうね。

あとがき

初の墾丁。
台北みたいになんでもあって不便を感じない場所とは違い、田舎です。

観光するなら車かバイクが必要になりますし。
ただただのんびりしたいなら墾丁をはげしくおすすめします。

海でのんびりするもよし、屋台やバーでくつろぐもよし、クラブでハッチャけるもよし。
次くるなら夏きたいですね。

サーフィン、ダイビング、水着のお姉さん!
人生の楽しみがまた1つふえました。

シングル以外にも、2人や4人部屋もあるみたいなので、スペースカプセルおすすめですよ。
しんやりょうでした。
下次見!

kontei-spacecapsule.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です