石垣島でみられる珍しいウミウシまとめ

Ishigaki mezurashii umiushi

ハイサイ。しんやりょう@umiushimeshiです。

ぼくのブログに「石垣 珍しい ウミウシ」と検索してこられた方がいました。
ウミウシが大好きで、石垣島でしか見られないウミウシを見たかったんでしょう。

残念ながらぼくのブログには、該当する記事が見当たりませんので、この記事を書くことにしました。

世界のウミウシ図鑑を参考にしてみた

ウミウシ好きなら知っておいて損はない、デジタル版ウミウシ図鑑
世界のウミウシ
を参考に、調べてみました。

▼世界のウミウシ

どうして世界のウミウシを使ったかというと、地域別にウミウシ検索ができるため。
石垣島や八重山地方で検索して、他の地域で見られないウミウシの名前を調べれば
それは石垣島でみられる珍しいウミウシだということになります。

調べてみてわかった珍しいウミウシについてまとめておきます。

イルビア・マリアナ Ilbia mariana Hoff & Carlson, 1990

イルビア マリアナ Ilbia mariana 世界のウミウシ

まずはイルビア・マリアナ

石垣島のみ観察記録があります。
観察地は6月のマンタシティ。

ぼくも過去に1度、マンタスクランブル近くで適当に潜ったときに見たことがあります。
他にはタチアオイウミウシもいましたね。

トウヨウキセワタ属の一種 2 Aglaja sp. 2

トウヨウキセワタ属の一種 2 Aglaja sp 2 世界のウミウシ

つづいてはトウヨウキセワタ属の一種

観察地が石垣島周辺なので、具体的なポイントはわかりません。
これは見たことないです。

アカオビツバメガイ Chelidonura mandroroa Gosliner, 2011

アカオビツバメガイ Chelidonura mandroroa 世界のウミウシ

お次はアカオビツバメガイ

石垣島では大崎のミノカサゴ宮殿にて10月に観察記録があります。
あとは台湾、インドネシア、マダガスカルとなっているので、
日本だと石垣島周辺でしか見れないウミウシになります。

ぼくは米原方面のポイント「樹下美人」で過去に1度見たことがあります。
樹下美人はツバメガイ系がたくさんいるので。

キマダラウミコチョウ属の一種 5 Siphopteron sp. 5

キマダラウミコチョウ属の一種 5 Siphopteron sp 5 世界のウミウシ

キマダラウミコチョウ属の一種 5

マンタシティでの観察記録。
マンタシティは結構ウミウシ多いみたい。
ぼくはお店の事情でマンタスクランブルばっかりなので、気になるところです。

キマダラウミコチョウは見たことありますが、この種は見たことないです。
全然模様が違いますね。

アエジレス・フローレス Aegires flores Fahey & Gosliner, 2004

アエジレス フローレス Aegires flores 世界のウミウシ

なんともかわいらしいアエジレス・フローレス

こちらもマンタシティでの観察のみ。
けっこうウミウシでるんですね。
マンタ見ながらウミウシ探しって贅沢!

コヤマウミウシ Halgerda wasinensis Eliot, 1904

コヤマウミウシ Halgerda wasinensis 世界のウミウシ

コヤマウミウシ

わりとどこでも見るので、パイナップルウミウシ多いな〜と思っていたんです。
が、コヤマウミウシだということが判明。

体長も大きくて、どこでも見つかるので「パイナップルじゃなくてコヤマですよ〜」
と教えてあげると嬉しい人は嬉しいですね。

ジボガミノウミウシ Phestilla lugubris (Bergh, 1870)

ジボガミノウミウシ Phestilla lugubris 世界のウミウシ

名前がなんとも難しいジボガミノウミウシ

観察記録が石垣島周辺のみなので、珍しいウミウシのようです。
図鑑によると、ハマサンゴ属の種 Porites sp.をホストとするそうなので、
意外と見つけやすいのかもしれません。

見てみたいのでさがしてみます。

フウセンミノウミウシ属の一種 1 Pruvotfolia sp. 1

フウセンミノウミウシ属の一種 1 Pruvotfolia sp 1 世界のウミウシ

最後はフウセンミノウミウシ属の一種 1

島の北側、伊原間での観察記録。
それにしてもこの小島和子さんという方、何者なんだろうか。

すんごいたくさんウミウシの写真投稿されてます。
石垣島周辺でのものも多く、みたことない種ばっかり!
ぼくももっと修行ですね。

珍しいウミウシ知っておくとガイドするときよい

台湾やフィリピン、インドネシアなど、投稿記録が少ないので、
判断基準としてはあいまいです。

が、ガイドとしては知っておくと出会ったときにテンション上がること間違いなし。

ぼくもまずはウミウシを見つけるための知識と、ウミウシ眼を鍛えなければなりませんね!

ウミウシ好きな人が石垣島でダイビングするときは、
是非探してみてください。

以上、ウミウシ大好きな、しんやりょうでした。

ishigaki-mezurashii-umiushi.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です