UNI16031258IMG 2295 TP V

大家好!しんやりょうです。

ただいま中国語を絶賛勉強中です。
最近、少し中国語(北京語)が上達してきたなと感じてきたので、日本にいながら勉強する方法を公開します。

僕はこれまでリスニングCDや教材、Youtubeなど、「あれも飽きたこれも飽きた」と言いながら中国語を勉強してきました。
ですが、今は楽しんで毎日中国語を勉強できています。

語学を勉強する中で一番大事なのは、毎日継続し続けることだと実感してます。
時間があれば、集中して1日12時間3か月勉強!とかできるんですが、そうもいかないのが世の常。

続けるのが大変だと思う理由は、時間が足りないのではなく、大抵はつまらなくなってしまったからじゃないですか?
飽きないためには楽しみ続ける必要があります。
飽き性のあなたも困らないように中国語学習の教材をまとめてみました。

飽きたら次、そしてまた次、とにかく上達するまで勉強し続けましょう。
*僕が初心者なので、中国語を初めて勉強する方(初級)向けの記事です。


ぼくの中国語勉強の仕方は、「とにかく聞いて話して覚える」数撃ちゃ当たる方式

はじめに僕が習得した外国語は英語です。
今では日常会話と仕事で使う分にはほぼほぼ困らないレベルになりました。
そして前々から学びたいと思っていた中国語(北京語)を勉強しはじめました。

まだ数ヶ月レベルですが、最近相手が何をいっているか少しずつ理解できたり簡単な会話ができるようになってきたのです!
感覚としては「耳はだいぶ慣れてきてるけど語彙がとにかく足りない」という感じ。

簡単な会話だと状況で大体何を言ってるかわかることがある、ただ単語の意味がわからないから意味が理解できない。といった具合。

まぁそれでも自分としては2,3回会話のキャッチボールができるようになっただけでも大きな進歩。

とにかくたくさん中国語を聞いて、たくさん話す!これが英語を学んだ上で中国語を学ぶぼくが「自分にぴったりだな」と思う勉強の仕方。

とにかく聞いて聞いて聞きまくるか、話して話して話しまくる(1人でもいい)のが脳みそにインプットされてよいです。

日本でも周りに中国語話者(北京語)がいる環境をつくる

YUKI150321280I9A4443 TP V

運がいいことに、ぼくの職場のお客さんは50%以上外国人です。
その日のお客さんが全員外国人で英語しか話さない日もあります。
さらには中国語(北京語・広東語・台湾語)が話せるスタッフがいるので、中国人もきます。

中国本土、台湾、香港など。
北京語、広東語、台湾語を生で聞く機会を日本にいながらゲットできてるんです。
これはラッキー。

やり方次第では、日本にいながら外国語を話さないといけない環境をつくりだせます。

むしろそれを理由に職場を選ぶのもいいのでは?
ぼくはこの3年で英語を習得できましたし、中国語も勉強し始めています。
日本にいながらですよこれ。

中国語話す人もいないし、どうやって環境つくったらいいの?という人は

繰り返しますが、何度も話す、聞く機会をたくさんつくりだすことが大事です。

聞く機会は、YoutubeでもラジオでもCDでも好きな音楽でも、なんでもいくらでもつくれますよね。

「話す機会なんてないよ。友達もいないし・・・」
そんなこと言ってないで、聞いたらその場で声に出して繰り返せばいいです。
何度も声に出す。

できるなら目の前に誰かが本当にいるイメージで、いるつもりで話しかけるように練習する。
これだけでだいぶ違います。

練習しまくったら、とにかく本番。舞台に立ってたって立ちまくる!

普段はひたすら家で勉強するなり練習したらいいんです。
1人でいくらでも時間はつくれますよね。

言語を習得する際に足りないと思うことは、たった1つ。
とにかく実践。舞台に立ちまくって失敗しまくれ!

僕の場合、毎年1~2週間の休みを使って台湾へ1人で旅行します。
覚えた単語や文章をとにかく使いまくるんです。

日本人がたくさんいて通じるようなレストランには入らず、現地の人しかこないようなところに行く。

そうすると話さないといけないし、通じないこともよくあります。
でもそれを短期間で繰り返し、中国語のシャワーを浴びることで、舞台に立てばたっただけ、使える中国語に昇華します。

年に1回の舞台に立つために、日々楽しく練習を続けているわけです。

中国語の勉強におすすめ!本とか教材まとめ

ぼくがこれまで実際に試した教材やYoutubeチャンネルなどまとめておきます。

好きなものを見つけてください。
学校の勉強と違って社会人の勉強ってなんて楽しいんでしょうね。
好きなときに好きなだけ学べるんだから。

1:テキスト、本、CD

まずはテキストとかCDがあるもの。

NHK語学講座 「まいにち中国語」テキストとリスニング音源

毎年4月から半年ずつ、テキストが販売され、インターネットから音源も聞くことができます。

音源は毎回15分程度。毎日決まった時間が捻出できるならオススメ。

まいにち中国語 NHK ホームページ

デメリットは、かたっくるしいので、使う機会が並行してもてないと飽きやすいってところ。
ぼくもすぐ飽きました。少し上達してからの方がはまりやすいと思います。

台湾指差し会話帳(本・アプリ)

本とアプリがあります。
アプリなら音声も出るので、覚えやすいです。

自分の知りたい単語だけを覚えていくなら活躍します。
文章ではないので語彙を増やしたいとき、現地でのコミュニケーション向け。

無料の中国語辞書アプリ Hanping Lite

無料の中国語辞書アプリならこれ。
手書きで認識できるので、読めない感じも書けば大丈夫。発音も調べられます。

さらには音声からの読み込みもできるので、覚えた単語をスマホに向かって喋れば、四声の確認にもなります。
一人でしゃべって練習するにはもってこい。
間違ってたら違う漢字でてくるので何度も練習できます。

アプリに向かって何度もしゃべりまくって発音訂正していきましょう。

Hanping中国語辞書(無料)

Hanping中国語辞書(無料)
開発元:embermitre
無料
posted with アプリーチ

2:Youtube チャンネル

ぼくが大好きなYoutubeチャンネル。
楽しみながら学べるのは動画の特権ですね!

Akiの落書きチャイニーズ

男子ならカワイイ、キレイなお姉さんと楽しく勉強。
1日1フレーズって覚え方ならこのチャンネルがオススメ。
Akiさんが日本語で説明してくれるので、全くわからない人も安心。

たしかにここで覚えたフレーズは日常的に耳にすることがあって、「あ、これ聞いたことあるな」ってあとから効いてくる感じ。

Mandarine made ez and Chinese pod cast

英語に全く抵抗がない方は、絶対オススメなのがこれ。
Fionaさんの「Mandarine made ez」。
別チャンネルで「Chinese pod cast」。

英語と中国語のネイティブという最強の彼女。
シチュエーション別にフレーズを紹介してくれるので、めちゃ使えます。

この記事で紹介する中ではダントツのクオリティの高さ。

ここで覚えたフレーズは確実に使えるし、よく使います。
英語がわからない人にはつらいですが・・・

Chinese pod cast も音声だけのもの、動画のもの、かなり楽しく学べますよ。

SHIHOU ISSEI

ウミウシを紹介していたので最近知った、SHIHOU ISSEIさん。
動画はネタに走ってるんですが、すんごい聞きやすいので楽しいです。

3:音楽。好きなアーティストを見つける

かなり台湾にかたよった記事になっちゃってますがw
好きなアーティスト見つけて歌を覚えるとか。
PVみてるとなんか意味わからんけど歌えるとかなります。

[台湾] COSMOS PEOPLE(宇宙人)

最近日本にも進出してる COSMOS PEOPLE(宇宙人)。
数年前からずっと聞いてる大好きなアーティストです。

PVが最近はめちゃかっこいいです。

なんかみんなカッコよくなっちゃいましたが、昔のやつも大好き。
メンバーチェンジして今の3人になる前のPVはマジで面白いです。

字幕もあるので。

これ見て高雄まで行ってみたりしたくらい。
大好きなバンド。

[台湾] 怕胖團(パプンバンド)

宇宙人(CosmosPeople)のPVを作成している”8 ID FILM STUDIO”が大好きで、みつけた台湾のバンド。
のりのいいROCKだったりネタも多くて笑えるバンド。
ボーカルの閃亮さんはいいキャラしてます。

とにかくPVが良い。

Transition 前進樂團 對不起我的中文不好

中国語を勉強し始めた人の背中を押してくれる応援ソング。

對不起我的中文不好 とは 「ごめんなさい私あんまり中国語上手じゃなくて・・」みたいな意味。

外国人が歌っているってのが、ぼくらにも励みになりますね^^

その他:日本のアニメとか映画

映画とか日本のアニメを見るのも面白い。
日本のアニメだと、流れやキャラクター設定もわかるから、かなり楽しいです。

オススメはちびまる子ちゃん(小丸子)。最強に面白いし、家族や友達との日常会話はめちゃ勉強になります。

ちびまる子ちゃん(小丸子)

まとめ

Shared img thumb PAK85 akabekonihiki1252 TP V

資金と時間に余裕があれば、1年ほど台湾とか香港に留学して生の中国語に毎日触れればいいと思います。
そうはいかない人や、僕のようにワーホリなど留学を考えていて日頃から勉強する方は、モチベーションと環境づくりが大事。

日本に居ながら中国語に浸る環境を作り出すには、とにかく目で耳でたくさん触れるしかありません。
そして年に1回でも2回でも現地に旅行するなど、実際に無理やり使う機会をつくりましょう。

僕は仕事で台湾や香港の方と接する機会が増えたので、「英語の次は中国語だ!」と火がつきました。

主流になった英語のように、オンラインでの学習や、実際に勉強会に参加するのもあり。
どんどん中国語に触れていきましょう。話していきましょう。
僕も中国語で普通に話せるようになった自分を想像し、ワクワクしながら毎日勉強しています。

30歳までに3ヶ国語話せるようになるという目標がありますからね。
ぜひいろんな方法を試しながら中国語を勉強しましょう!
我加油中文的學習! 下次見!

しんやりょうでした。

UNI16031258IMG 2295 TP V
UNI16031258IMG_2295_TP_V.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です