香港小米之家

米兎かわいい!大家好!しんやりょうです。

香港に行ったら必ず行こうと思っていた小米之家(シャオミ)に行ってきました。
目的はシャオミのXiaomi noteを購入すること。
実際にお店がどんな感じだったかを紹介します。

小米香港公式HP

【香港】小米之家(シャオミ)に行ってきた

小米と書いて”シャオミ”または”Xiaomi”とも書いたりします。
▼小米科技-wikipedia

飛ぶ鳥落とす勢いで急成長中!スマホ市場のダークホースとも言われる小米。
Samsung,Lenovo,Xiaomi,Appleと中国スマホ市場でのシェアは第3位!
スマホの買い替えにともない、日本でなくアジアで使い易い端末を考えていたので、Androidの小米にしてみることに。

モンコック駅からハリウッドプラザへ。

IMG 1228

小米自体を取り扱っているお店はあるのですが、(CSLという携帯電話屋さんは町中に点在)本店がここにしかないようなので実際に行ってみました。
まずはMTRモンコック駅へ。出口を出たら南側ネイザンロード沿いにハリウッドプラザを目指します。

IMG 1229

この建物の20階に小米之家があります。

IMG 1230

入ってすぐエレベーターがあるので、20階へ。
わからなかったらガイドの方がいたりするので「小米(シャオミ)」と伝えてください。案内してくれます。

小米之家はこんな感じ

IMG 1233

到着すると入口にディスプレイが。
イメージカラーのオレンジに白は、日本人からするとauっぽい感じがしなくもない。

IMG 1231

画像が入れ替わります。
主な商品として、小米 Xiaomi と 紅米 Red mi の2種類を販売してます。
紅米の方が低価格、1万円くらいで買えちゃいます。

IMG 1232

ぼくのお目当て”小米 Note”が出ました。
この画面だけ見ると、いかにもAppleって感じです。
デザイン的にも中身的にもこういった感じなので、ネット上ではパクリだなんだとか論争になっているのを見たことがあります。

ただぼくはApple信者ではありませんし、パクリかインスパイアかなんてどうでもいいです。(言い出したら世の中きりがないので)
消費者からしてみればそんなことはどうでもよく、自分にとって使いやすいものが一番いい。そうじゃないですか?

IMG 1234  1

営業時間は,10:00(AM)~20:00(PM)まで。

スマホだけでなく、総合家電メーカーっぽい

IMG 1235

お店の中に入ると今度は無印のような内観。
日本人には親近感のわきやすいつくりになってます。

IMG 1236

薄型のテレビがあったり、空気清浄機があったり。

IMG 1237

小米の家にはコミュニティゾーンなるものがありまして、店員さんに色々相談したりできます。
英語でも大丈夫なので中国語わからなくてもなんとかなります。

無印っぽいなんでも売ってる系にも見えますが、小米のCEO雷軍曰く、

雷軍CEOは、自社を「携帯電話メーカーではなく、ネットワーク会社だ」と位置づけている。また、共同創業者兼社長の林斌 (Lin Bin)は、シャオミをどんな企業に例えるかとの質問に対して、「Amazonが近い。だがわれわれはまったく新しい会社を目指している」と答えた

だそうです。なるほど。

商品のラインナップ

IMG 1238

色々と商品を物色。ヘッドフォンなかなかいい感じ。
イヤフォンもあってかなり人気みたいです。

IMG 1240

小米Note。5.7インチとやや大きめのスマホとなっています。
手持ちのiphone4Sと比べると親子みたいに違いますね。
手に持ってみると「軽い!」ジーパンのポケットにすっぽり入る大きさで全然邪魔になりません。

IMG 1242

Go proっぽいカメラがあったり、タブレットもありました。
特にアクセサリ類はめちゃくちゃ充実してました。

小米のキャラクター米兎もなかなか人気

IMG 1243

小米にはキャラクターがいまして、米兎 (ミィトゥ)というらしいのです。
こいつがまた憎たらしい顔してますが、かわいい。

IMG 1241

キーホルダーやぬいぐるみ、抱き枕まであって、お土産にはいい感じ。

小米Noteを購入

IMG 1245

小米はNoteとワンサイズ小さい Mi 4iという2タイプが置いてありました。
実際に見てからどっちにするか決めようと思っていたので、Noteに即決め。
思っていたより全然重さも大きさも感じなかったのが決め手です。

本体が2499HKドル(約40000円)。
その他、液晶保護シートとモバイルバッテリーも購入。
箱も無印っぽいですね。

日本に持って帰るなら、一度店頭で試しに使ってみたほうがいい

IMG 1246

このまま持って帰って日本で不良があると困るので、初期設定は全て店舗で済ませることにしました。
保護シートも貼ってもらいたかったので、ちょうど良かった。
店員さんが全てやってくれます。

IMG 1249

ぼくは不器用なのでこういうのは苦手。
職人技ですな。

IMG 1248

店舗ではWifiも使えるので、ついでに少し充電してそのまま使ってみることにしました。
iphone4Sから変えたのもありますが、「軽い!速い!使い易い!」
サクサク動くっていいですね。画面も大きいからKindleとかYoutubeも快適だろうな。

IMG 1250

月曜日の朝10:00からお店に到着。
11時には少し混みだしたので、ゆっくり見たい方は開店と同時に行くことをオススメします。

まとめ

IMG 1244

香港での休日。目的を1つ達成できました。
あとは日本でSimカード買って試してみるだけです。
小米Noteは4G対応してるみたいですが、端末を購入して日本でも使いたい方は店員さんに確認してくださいね。

あんまり携帯事情にも詳しくないし、そんなにお金もかけたくない方には小米のAndroid携帯オススメします。
日本語化も可能らしいので困ることもなさそう。
Appleのiphone6+が9万以上することを考えると,Appleにこだわる理由もないので思いきって変えてみました。

小米之家、ぜひ行ってみてください!

*レートは2015年12月当時のものを参考にしています。

小米之家へのアクセス


▼小米(シャオミ)の携帯は日本からでも購入できます。
いくつか購入できるHPがあるようです。詳しくは下記ブログを参考にしてみてください。
▼マニアック香港

香港小米之家.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です