鳩間島に1万円だけ持って行ったらこうなった。

鳩間島1まんえん

そうだ!離島へ行こう!
ハイサイ!
ということで思いつきで離島に行くことにしました。

ただ旅行するだけじゃ面白くないので、1万円だけ持って何ができるのか試してみてみることに。

今回の行き先は沖縄県八重山諸島”鳩間島”でございます。


鳩間島に1万円だけ持って行ったらこうなった。

IMG 0343

天気がいい!石垣島の南側、離島ターミナルからのスタート。
この日は2015年9月14日。月曜日なのに駐車場は満員。
なんてこった!ということで外側の第2駐車場にとめることに。

1万円だけもってスタート

IMG 0345

今回は助手と2人で鳩間島に行くことに。理由は行ったことないから。
1万円。

IMG 0347

まずは一番大事な往復のチケットを購入。
フェリー会社は3つ(安栄、八重山、ドリーム)、会社によって出航時間や値段も微妙に違います。
どこがいいってのは好みなので都合のいい時間に走ってるフェリー会社を選びましょう。

午前9:30出発、帰りは午後16:15の便に乗ることに。というか便数少なくてこれしか選択肢なかったです。
安栄と八重山観光は共同で船を出しているので、どっちで買っても乗れたりします。

IMG 0348

往復のチケットを買ったら、残りが6000円ちょっとに。

朝ごはんはフェリーターミナルのお弁当

IMG 0349

フェリーターミナルで売っている朝ごはん。250円でけっこうなボリューム。
せっかくだからポークタマゴおにぎりとか食べたいところでしたが、今日は北風で荒れそうな予感。
脂っこいもの食べたら船酔いしてゲロゲロなることも考えて、ふつうのお弁当にしました。

フェリー到着。いざ出発!

IMG 0362

フェリーが到着いたしましたよ。

IMG 0361

チケットはしっかり”ゆき”を渡しましょう。

IMG 0363

9:30に出発!!

IMG 0365

さらば石垣島。そしてこんにちは鳩間島。
この日は北風の予報。
案の定フェリーはけっこうゆれました。
台風前後のフェリーでジェットコースターなみにこわいのを経験しているので、全然大丈夫。

心配な人はなるべく後ろ側に座るようにしましょう。揺れが少ないです。(船の構造的に)
波や文字、下をみないようにし、遠くを見るようにすると酔いづらいです。
乗る前の食べ物にも気をつけるとなおよし。

鳩間島についた!

IMG 0366

快晴!めちゃくちゃ海がきれいな鳩間島。
やっぱり八重山の海はきれい。
西表島の上原港経由だったので、到着したのは10時30分過ぎ。約1時間10分。

IMG 0367

観光客っぽいことをしてみる。

IMG 0373

なんの情報も仕入れてないので、とりあえず地図だけ写真に撮っておくことに。

鳩間島をぶらぶらしてみた。

IMG 0379

とにかく人がいないこの島。アダンをみつけて1枚。

IMG 0383

まずは灯台を目指すことに。島の真ん中。

IMG 0384

あっという間に到着。
物見台まである。
そして灯台からの景色。全然きれいじゃない。意外と景色がよくないことに気づく。

IMG 0386

ぶらぶら島の北のほうを目指していると、焼却炉を発見。
すべてここで燃やしているんだろうか。
結局どこに行ってもゴミの分別なんて焼却炉次第なのね。

IMG 0387

道端には、やたらとうさぎの糞らしきものが落ちている。
ウサギを1匹も見てないのでヤギだろうと勝手に推測。
ヤギってこんな丸いうんちだっけ。

IMG 0388

きれいな花を発見。
カメラはCanonのS120コンデジのみ。
マクロモードもけっこういい感じ。

IMG 0391

ひたすら道は続く。
レンタサイクルもありましたが、このデコボコ道をフリフリのスカートはいて自転車こいでる女の子を見ると、「大変そうだなぁ」と。
あんまりおすすめできません。鳩間は歩き。

IMG 0392

ビーチの看板を発見。誰も元にもどさないのか落ちていた。

IMG 0393

主張してみる。

IMG 0396

ビーチはほぼ貸切。
どこへいっても2,3人とすれ違うくらいで、のんびりするには最適。

IMG 0399

ジーパンにギョサンできたけど、泳ぎたくなるね!
離島の夏旅にはシュノーケルセットがやっぱり必須でした。

IMG 0401

ビーチは島のあちこちにあって、どこもきれい。

IMG 0414

最近手に入れた”ふちゴルゴ”で遊んでみる。

IMG 0416

はじめてゴルゴで遊んでみたが

IMG 0417

けっこうなセンスがいることに気づく。

IMG 0419

助手のハイキック。
昔空手とキックボクシングをやってたとかやっていないとか。
砂はけっこう柔らかくて足うまっちゃうくらいでした。

IMG 0420

武士家の跡らしきもの。よくわからなかったのでスルー。

IMG 0440

北側にあるビーチ。
北風が気持ち良い。
のんびりビーチで読書に瞑想なんていいですね。

約1時間で島1周。観光終了。

IMG 0449

島をぐるーっと1周して約1時間。いやはや早すぎる。
これでもビーチで写真撮ったりのんびりしたりしたんですよ。
ということでお昼ご飯を食べることに。

お昼ご飯食べる場所が1箇所しかない。

IMG 0450

お昼ご飯を食べる食事処を探すことに。
赤レンガの屋根は八重山っぽい。

IMG 0452

大体シュノーケルなどのマリンショップ、素泊まり宿が一緒に食事処もやってるみたい。

IMG 0451

はい。休み。

IMG 0453
,

道も絵になりますな。

IMG 0455

小さい郵便局を発見。自動販売機もありました。

IMG 0456

結局港近くの”あだなし”という場所でお昼ご飯。
この日はここしかあいておりませんでした。
メニューは”八重山そば”か”タコライス”の2択。両方800円。

ジュースやお酒もあるので、グアバジュースを頼むことに。
一人あたり1食1200円程度。
この適当さ加減でも観光客くるんだから儲かってるんでしょうね。

味はとくに期待するほど美味しくもなく「あぁこんな感じね」という風。
仕入れが大変なだけあって、こんなもんなんでしょう。
TUBEとか謎のJハウスみたいなよくわからん音楽チョイスもまた適当。

さて残り3時間どうしようか。

お店もないしご飯もそんなにたくさん食べられない。
西表島やバラス島へのツアーはあるけれど泊まりできてるわけではありません。
さて、することがない。

IMG 0458

ということで昼寝。
ターミナルで昼寝。
ちなみにWIFI通ってます。

最後の1時間。島探索。そして雨。

昼過ぎから本を読んだり1時間ほど昼寝をして午後の15時。
さて残り1時間どうしたもんか。

IMG 0459

この海を見ながら昼寝って贅沢。ほんっとうにきれいなんだから八重山の海って。

IMG 0461

次は夏の波照間島に行ってみたいなー。
クリームソーダみたいな色してるそうですよ海が。

IMG 0462

今さら「ようこそ」の看板をみつける。

IMG 0463

沖縄には欠かせないヤギ。ヒージャー。ヤギ汁も食べてみてください。
1回は食べてみる価値あり。(ぼくは好きです)

IMG 0465

帰る前には雲行きが怪しくなってきました。
案の定雨。
ビーチの木陰で雨宿り。あっという間に止みました。

IMG 0467

さっきまでの快晴はどこへやら。
港へ帰って船を待つことに。
港にはきれいなトイレ、WIFIも完備でかなり快適なんです。

石垣島へ帰ろう!

IMG 0469

”かえり”のチケット。

IMG 0468

フェリーがくると「あ、けっこう人いたのね」と人の気配が。
それでも数十人しか滞在していないっぽいので、全然人がいない。

八重山諸島いろいろまわってますが、ほんっとうに人がいない”何もない”を楽しめるのはこの鳩間島。
何もないことを楽しめる人にはうってつけの島です。

鳩間島に1万円だけ持って行ったら、使いきれなかった。

IMG 0470

鳩間島に1万円もっていった結果がこれ。
ご飯を食べたくらいでお金を使う場所がない。
どうしようもなく結局お金が余ったよ。なんだこれ。

大体の内訳

石垣島駐車場 900円(8時間)
フェリー往復チケット 4000円
お昼ご飯 1000円
ちょっとした飲み物 100円

とまぁ、単純に鳩間島に行って使ったお金はフェリー代とお昼ご飯、飲み物だけ。
余ったお金で夜は居酒屋に行きましたとさ。

持ち物リスト

今回の持ち物リストも書いておきます。離島への小旅行の参考に。
あったらいいものも追加しておきます。

  • リュック1つ
  • 財布
  • iphone(写真、Kindleで読書用)
  • カメラ Canon S120
  • タオル 汗かくから
  • シュノーケルセット
  • 水筒
  • 帽子、サングラス、サンダルなど日よけ対策も
  • 突然の雨用に雨具かラッシュガードなど

たまにの離島小旅行。
石垣島は日帰りでいろんな島へ小旅行できるのが最高です。
鳩間島は史上最高に何もない島でした。
さーて次はどこに行こうかな!!

◼︎鳩間島についての情報はこちらから Wikipedia

鳩間島1まんえん.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です