薬に頼らない鼻風邪の治し方。耳鼻科も薬もやめて実践しているたった1つの習慣とは?

Hanakaze naoshikata

ハイサイ。しんやりょう@umiushimeshiです。

小さい頃から蓄膿、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎に悩まされていました。
「何かあったらすぐ耳鼻科!」は風邪をひいたときのキャッチフレーズ。

年に1,2回は当たり前のように風邪をひき、すべてが鼻から。
色のついた鼻水がついたら「またきたわ(汗)」その繰り返し。

そんな鼻風邪とお友達だったぼくが、全く鼻風邪ひかなくなりました。
数年かけて”ある習慣”を徹底したことが非常に大きいと思うんです。

薬やとりあえず早く治したいという方ではなく、根本的に鼻風邪事態をなくしたい方にオススメ。
今回はその習慣について書きたいと思います。

鼻炎・蓄膿・副鼻腔炎。いつも病院は耳鼻科タイプ

Shared img thumb NAT58 yukimau20140616 TP V

そもそもなぜぼくがそのようになってしまったのでしょうか。
記憶は定かではないのですが、母親は心配性で「すぐに病院に行きなさい」タイプ。

薬をもらって飲めば大丈夫!という考え方の親の元育ったので、病院にすぐ行くことが当たり前でした。
記憶のある小学生〜大学、社会人になっても鼻風邪は治らず。

ストレスを感じたり、季節の変わり目で気温が変化すると鼻がムズムズ。
すぐに色のついた鼻水が出て「風邪かも?」は当たり前。

今思えばひどいですね。
小さい頃の食事環境などからこうなる可能性もあるのではないかと今では思います
が、一体何が原因なのでしょうか?

1つ言えることは、医者は100%信用してはいけない。薬はあなたを殺す可能性もあるってこと

まずは、すぐに病院に行くっていうクセがある人、特に親がそういうタイプだと、
刷り込まれてそれが正しいものだと思い込んで育ちます。ぼくがそうでしたので。

この本でも読んで、病院に行くことが必ずしもいいことではないってことをまずは知ってください。

「じゃあどうしたらいいの?」と思った方。

ぼくは、ある習慣を変えることにより、鼻風邪をひきにくくなり、今では鼻づまりすら滅多にならなくなりました。
それを教えます。

あなたは口呼吸ですか?それとも鼻呼吸ですか?

まずあなたが疑うべき習慣はこれ。
というかこれだけです。

あなたが普段口呼吸であれば、いますぐ鼻呼吸にしてください。

それだけで徐々に鼻風邪はひかなくなります。
「なんだそんなことかよ」と思いましたか?
それとも「それは考えたことなかった!」と思ったでしょうか。

マジでこの習慣は絶対必ず100%見直してください。
あなたが日常的に口呼吸しているのであれば、
この習慣を見直すことで必ず鼻風邪をひきにくくなります。

口呼吸と鼻呼吸の違い

口呼吸だと悪いことが多いです。

寝ている時も口呼吸の習慣がつくと、口が開いてしまい乾燥しやすい→風邪パターン。

鼻から呼吸することにより、鼻毛が細菌を除去してくれます。
さらには鼻を通って肺に行くまでに、吸った空気の温度調節もされるため、
直接暑い、冷たい、汚い空気を肺に取り込む心配もありません。

鼻呼吸で細菌除去。温度超節もしてくれる。

これ、徹底してやってみてください。
続ければ続けるほど効果がでます。

病院に行かないって素敵!

Shared img thumb RTM8846 TP V

身体の調子が悪いと、病院と薬に頼ってしまいがち。
仕事してると休むわけにもいかないし・・・ってついつい”早さ”を求めてしまいます。

それって体に良くないですよね。
だったら習慣ごと変えて、風邪をひきにくくしてしまいましょう。

親も病院の先生も教えてくれなかったたった1つのことです。
ぼくはすごくいい医者ではなくいい本に出会ったなぁと思ってます。

この記事を読んだ方にはめちゃオススメですので1回読んでみてください。
Amazonで中古だと150円くらいからありますw

以上、鼻風邪知らずのしんやりょうでした!

hanakaze-naoshikata.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です