ニセアカホシカクレエビ Graceful Anemone Shrimp

ニセアカホシカクレエビ graceful anemone shrimp

ナガレハナサンゴに住むニセアカホシカクレエビ

【いしがきじま図鑑】へようこそ。
ここでは石垣島で出会った生物を紹介していきます。

この生物について

  • 和名:ニセアカホシカクレエビ
  • 英名:Graceful Anemone Shrimp
  • 学名:Ancylomenes venustus (Bruce, 1990)
  • 分類:十脚目 抱卵亜目 コエビ下目 テナガエビ上科 テナガエビ科 カクレエビ亜科 Ancylomenes属
  • 生息環境:ナガレハナサンゴやパラオクサビライシなどイソギンチャクやサンゴ類をホストにする。
  • たべもの:???
  • 撮影者 しんやりょう

ナガレハナサンゴやパラオクサビライシなどのサンゴの上でよくヒラヒラしているのを見かけます。
ホストがわかってしまえば、見つけやすいのは、こういったエビの特徴といえます。

好きな芸能人に会うために、よく出没するパン屋とかイベントとか調べるファンの子と同じで、
魚類や甲殻類もかれらの好む生息環境があります。

たいていはエサが手に入る場所か、自分の身を守れる場所。

アカホシカクレエビ・ナデシコカクレエビとの見分け方

似たカクレエビの仲間に、アカホシカクレエビ、ナデシコカクレエビなどがいるので、見つけた時は少し注意してみてみましょう。
アカホシカクレエビなら目の間に白い線が入り、ナデシコカクレエビの場合は、腰の斑紋がピンクではなく、紫色をしています。

なんてこと言いながら、アカホシさんとナデシコさんにはまだお目にかかれていない。
もうちょっとじっくり見てみようと思います。

ニセアカホシカクレエビ-graceful-anemone-shrimp.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です