「え?新屋さんそんなことも知らなかったんですか?Googleは勝手にあなたの個人情報をネットに公開してるんですよ」

素人に毛が生えたようなウェブ知識しかない人は要注意。

住所に電話番号に全部ネット上に公開されててびっくらこきました汗汗

追記その2:ブログ内やサーバーからファイルを削除しても、googleの検索結果に残っている場合は以下のURLから削除依頼する方法が有効のようです。
Google から情報を削除する
古いコンテンツの削除
情報を提供してくださったHさん、ありがとうございました。
追記その1:時間差で公開していたファイルは全て削除されたのでネット上には存在しませんが、Googleの検索結果として説明文や一部が表示されるようです。
これは検索結果が落ちてランク外になるのを待つしかないのかもしれません。。。

ネットで自分のブログや名前を検索してみよう

「ノマドライフ」や「モバイルボヘミアン」などで有名な本田直之さん。

彼の本「レバレッジ」シリーズをまとめ買いして読んでいました。

パーソナル・マーケティング」という本の中で、”エゴサーチ”という自分の名前やメディアを検索して認知度を確かめる方法について書かれています。

グーグルやヤフーなどの検索エンジンに、自分の名前や、セルフメディアを持っているならそのタイトルを入れて、定期的にチェックするようにしましょう。
 検索ヒット件数がどれだけ増えているかによって、あなたの認知度を客観的に測定することができます。
 自分の名前を入れるこの方法を「エゴサーチ」といいます。

以前、Twitterをやっていたときは、ブログの言及について知りたかったので、エゴサーチやってたんですが、今はグーグルアナリティクスという分析ツールをたまに見るくらい。

RYO
久しぶりにやってみるか!

と、ブログ名や自分の名前で検索してみると事件発生。

なんと実家の住所や過去の電話番号が全部Googleに公開されているじゃあありませんか!

原因は過去に晒した履歴書のPDFファイル

原因はオーストラリアに到着した際に、添削目的で英語と過去の日本語の履歴書を晒した記事にありました。

過去に書いた記事。

現在は対象記事と元ファイルをサーバーから削除しました。
RYO
ハッシュタグつけてネット上に晒してみるか。

と新しい試みをしたわけですが、結局そんな記事を書いたことすら忘れており、今回自分の名前を検索したことで事件が判明。

新屋亮 という名前の下に、個人情報が公開されている・・・・

というか、住所とか電話番号公開してないんですよ。

では、なぜ?

晒した日本語の履歴書をみてもらうとわかるのですが(いまおもえば恥ずかしい)、個人情報の部分は加工して白塗りしてあります。

たしかSkitchで白ペイントかなにかで上から塗りつぶした、モザイク機能は使っていません。そんな感じだったと思います。

これが事件の始まりでして。

PCで検索した画面の表示とスマホで検索した画面の表示には違いがあって、スマホで検索した場合には、きれいに消したはずの文字まで読み取ってネット上に公開してあったわけです。

Google様、なにもそこまでやらなくても・・・

電話番号とかは過去のものなのでいいんですが、実家の住所公開されちゃってますからね。。。

まぁ、小さな田舎町に新屋さんはうちしかないので、隠し様のない事実でもありますが・・・

Google様、なんてことしてくれてんだ・・・

記事とファイルをサーバーから削除したものの・・・

ブログに公開した記事が原因だとわかったので、記事を削除しました。

しかし、それではファイル自体はネット上に残ってしまう。

まずはワードプレス内のメディアライブラリから対象ファイルを検索して削除。

僕はエックスサーバーを契約しているので、サーバーのファイルパネルにログインして、公開されているファイルを検索してみたのですが、見つかりません。

ワードプレスのライブラリで削除したのでサーバーからも削除されたということでしょう。

しかし、なぜかGoogle検索すると、僕のPDFファイルは公開されっぱなしです。

時間差で削除されるのかなこれ。

できることはやったつもりですが、謎は深まるばかりです。

個人情報なんて今後5年10年先はあってないようなものになる。完全な監視社会

攻殻機動隊(Ghost in the shell)のように、そのうち人間にチップ埋め込んだり髪の毛に極細のナノロボット入ってますーとか、そんな世界がそろそろくるんでしょうか。

マイナンバー制度も始まって、とにかく国に管理される時代になりました。

スマホでは位置情報常に発信してるし、Tカードはポイント貯まって便利ですが、連動することで住所を特定できるマーケティングサービスもやってるようです。

こうなってくると、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSも含め、完全な監視&管理社会になっていっているわけで。

「なに?どこにいるかわかったら怪しいことでもしてるの?」

と言われれば、答えはNo(たぶんということにしておきます)なんですが、これはこれで嫌ですよね。

知らないだけであなたの個人情報だだ漏れしてる可能性ありますよーって警告を、被害者その1としてお知らせしておきます。

まぁ、僕の場合は自業自得なわけで。

僕は高城剛さんが好きでメルマガや著書を愛読していますが、彼のように、住所不定で世界中を移動してる、日本には法人の会社を持つことで住所代わりにしている、というのは、これからの世界で監視されないためのかしこい生き方のように思います。

日本帰ったら、会社でもつくろうかな。

ではまた次回。

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^