年の瀬のご挨拶と新刊発売のお知らせ

ウミウシ飯読者のみなさま、こんにちは。

年の瀬も近づいてきたので、オーストラリアからかんたんな1年の振り返りと、今年度のお礼とご挨拶を。

昨年の12月にオーストラリアにきて約1年が経ちました。
初めての海外生活。
語学面はもちろんのこと、仕事に生活にと慣れて自分のペースをつかむのにすごく時間がかかったように思います。

相変わらず、なんとか生活していけてる感じではありますが、2年目に突入してオーストラリア生活が非常に楽しくなってきました。
当初の目的としていた、ダイビングはというと、4月末から潜り始め、あっという間に冬がきて、9月からまた潜り始め、この1年で約20本。

1年目は生活に慣れたり準備したりするのであっとう間に過ぎていきました。

ダイビングインストラクターとして石垣島で働いていた頃は、最低でも年間200~300本くらいは潜っていたでしょうから(3年で870本と考えたら)、
10分の1、20分の1にも満たない本数です。

しかし、石垣島に滞在した3年間でみた、おおそ100種類のウミウシに比べ、20本程度で44種類のウミウシを観察できていると考えると、
仕事とは別でガッツリ潜ったほうがウミウシだけガッツリ観察できるのは事実でして・・・

ウミウシダイブがっつりやっているところで潜ってしまえば、下手すれば3日間で100種類越えとかしちゃえそうですもんね。

この1年は自分が今後「ダイビングインストラクターとして仕事をやっていきたいのかどうか」を考える期間にもしたいと考えていて、
実際にダイビングの仕事からはなれた1年でもありました。
おそらくもう1年は確実に別の仕事をしてることでしょうし。

1年経って思うのは、「やっぱりダイビングは大好きだしウミウシが大好きだし、ガイドも楽しかったよなーもっと勉強したい」ということ、
そして「別に仕事があって、週末とかに潜るのも物足りないけど、生活は充実してきたよな」ということ。

で、ウミウシガイドのインストラクターとしてフリーで仕事しながら、別でメインの仕事があれば一番いい!というのが今の自分で、
ダイビングの仕事を年間通してしたいかと言われると、正直うーん・・・ という感じ。

オーストラリアで就労ビザとか永住権取得できれば、今後のことも考えて良いんでしょうけど、それはタイミングだったり縁の部分もある。
というかダイビングのイントラで就労ビザと永住権とれるんだろうか。スポンサー次第、そして一体何年かかるんだろうとか考えると、
別の仕事をしながら自分で起業してツアー形式で自分の好きな形で続けていく方が良いのか、などと考えがめぐります。

もともとオーストラリア1年でいいかな、MAX2年だなと考えていたのに、今では海外にもっと滞在していたいな、日本で仕事するよりこっちの方が得るものが多そうだという感じ。

ネルソンベイに行った後は、「ここでフリーでガイド業したい!てかする!」そんな思いでいっぱいですし、
時間的な側面や金銭的な側面から、あと1年じゃ全然足りないな、どうやってオーストラリアもっと滞在するかな・・・という現状でして。

どうなるかはわかりませんが、来年の予定としては、
1月〜5月は今いるサンシャインコーストのウミウシをもっとみる(固有種を特に)、6月頃から最後の半年間、ネルソンベイの近く(ニューカッスル含む)に引っ越して、ドライスーツ購入してできる限り滞在期間に潜ってポイントを自分のものにする。

と、日本に帰ったら、個人事業主ではなくて一度勉強のために自分で法人をつくるのもおもしろそうだなと。
今まで会社員としてしか働いたことがなかったですし、税金とかお金のこととかあまりにも知らなすぎる。
本を読んでそう言った知識を身につけるのはいいんだけど、実践がないからすぐ忘れる。

僕はバカなので、何事も自分でやってみないと気が済まない、というか納得できないタイプです。
富士山が目の前にあったとして、登らずに大変なものだと悟るタイプの人ではなく、登ってみて「あぁ、やっぱり大変だな」と思うタイプ。

だから何事も自分でやってみないといけないので、人生えらい遠回りだし、不器用だし、お金稼ぐの下手だし貯金できないし、時間がめちゃかかるんです。

それでもなんとか自分の好きなことが見つかったし、なにかぼんやりと「この山を登ってみよう」という人生の指標みたいなものもある。

それがやっと30歳になってわかったことです。
いや、わかったつもりかもしれません。

そんなこんなで今年が終わっていきますが、また来年もウミウシたくさん見るために、頑張って働いて、楽しく遊んで、できる範囲で潜っていこうと思います。

なかなか更新頻度も少なくなりましたが、今後とも読者の皆様「ウミウシ飯」をどうぞよろしくお願いします。
ときどき連絡をくださる方々にも感謝です。

なんやかんやで元気にしております。
またどこかで皆さんとお会いできる日を楽しみに、オーストラリアでもう1年やっていきます。

ではよいお年を。

新屋 亮

【新刊発売】
月刊オーストラリアのうみうし12月号、そして3か月分を1冊にまとめたお得な合併号を販売開始しました。

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^