「何人がベスト?」現役ダイビングインストラクターが考える理想のガイド人数。

Diving guide howmany

ハイサイ。しんやりょう@umiushimeshiです。

石垣島でダイビングのインストラクターをしています。

インストラクターをしていると、必ず一度は考えること。

「インストラクター1人が一度に連れていくお客さんは何人がベスト?」

今回考えるのは、ファンダイビング(ライセンス持っている人)、体験ダイビング、スノーケル。
ダイビングショップで良くあるメニューについて考えてみました。

連れて行ける人数は指導団体ごとに規定が存在する

ダイビングは指導団体がたくさんあります。
ぼくの場合はPADIという団体。
他にもNAUI,CMASとか色々あるんです。

「どれとったらいいの?何か違うの?」

携帯会社がドコモ、au,ソフトバンクってあるように、好みです。
そのときそのときで流行もあるので、一般ダイバーとして潜るならきにする必要はありません。

ダイビング指導団体を真剣に選んだほうがいいケースとして、ダイビングインストラクターになることを考えている場合。
これについてはまた別に記事を書きたいと思います。

団体ごとに実は規定があって、インストラクターが連れて行ける人数は決まっています。

例えば体験ダイビングのコースで見かける「ディスカバースクーバダイバーコース」
プールや限定水域(簡単に言うと浅い場所)、海洋(足のつかないような海のこと)で人数比が変わります。

プールならインストラクター1人に対して8人まで。
海洋だとインストラクター1人に対して4人までなど。

そんなルールはあるようでない

とはいえ、あくまでインストラクターの試験を受ける時にそういう規定があるだけで、実際にはあるようでないものです。
規定を守る理由の1つとして、事故がおこったときなどにインスタクター用の保険が適用される確率が上がるから。

話を聞く限りでは、PADIの保険が適用されるケースはレア。
ほとんどがインストラクターやお店側の過失とされるようです。
お客さんに書かせる免責同意書も意味あるのか正直謎ですね。

PADIのインストラクターとして働くのであれば、そこまでのリスクを負う覚悟も必要。

ちなみにぼくは経験上、ファンダイバー8人、体験ダイビング4人、スノーケル10人をガイド1人で連れて行ったことがあります。
決して自慢ではなく、そうせざるをえない状況であったわけです。
むしろ大変危険です。

お店によって違うんです。だからインストラクターは考えます。
もし自分がお店のオーナーなら何人がベストなんだろう?と。

結論、ファン2~4人、体験2人、スノーケル4人がベスト

Shared img thumb PAKU151219520I9A0871 TP V

ぼくはダイビングショップとして独立する確率0%ですが、結論最高でも4人がベストだと思ってます。

自分で経験はしているので、正直連れて行こうと思えば、もっとたくさん連れて行けます。
ガイドのやり方を変えるだけで、人数に応じて対応を変えるので。

もちろん利益は増えますが、リスクも増えます。
何を選ぶかです。
ぼくなら安全を選びます。

「それは技術の問題だ」「スタッフの給料を払うためには仕方ない」

仮に10年20年先輩方がそう言おうとも、ぼくは少人数制を強く推奨します。

ファンダイビングを4人までとする理由

理由は単純に経験上の勘です。
少なければ少ないほど自分がガイドに集中できるし、程よいのは最高でも4人。
むしろ自分がオーナーで1人だけなら、「少人数制、プライベート」と1グループ限定での展開も考えます。

ファンダイビングは2~4人がベスト

体験ダイビングを2人までとする理由

体験ダイビングは100%2人まで。
2人ならキャリー(インストラクターがダイバーのタンクを持つこと)もできるので。
もし自分1人なら、リスクを伝えた上で3人グループまで了承って感じですかね。

インストラクター1人で3人も4人もハンドリングするのは、お互いに悪いことだらけです。
インストラクターは上がったり下がったり減圧症の危険が増える。
お客さんも時間がかかって楽しめる時間が減る。

体験ダイビングは2人がベスト

スノーケルを4人までとする理由

ダイビングインストラクターでスノーケルのガイドが苦手って人結構います。
ダイビングが好きだから。
極論、スノーケルはしない!という経営方針もありです。

ただ、SUP(スタンドアップパドル)やウィンドサーフィンなどいろんなマリンスポーツがある中、
スノーケルはずっと流行り廃りもなく人気なんです。
めちゃ手軽だから。

年商1億以上あるスノーケリング専門店なんかも聞きますし、好きならお金にはなりますね。
ぼくはダイビングが大好きなので、スノーケリング自体やらないでしょう。

お店のスタッフが連れていく人数としても、4人くらいが目も行き届いていいです。

スノーケリングは4人までがベスト

店の方針によって理想の人数は違う

結局は利益を出さないとお店はやっていけないので、利益と質のバランスです。
1人でもスタッフを雇用しても「少人数制」がベスト。

何を優先させるかですね。
5人だろうと10人だろうと手のかかる時はかかるし、かからない時はかからないので。
単純に人数だけで内容を判断できないことも事実です。

あとがき

Shared img thumb YMD96 ishigakijimanoumi20120729 TP V

インストラクターなら必ず考えるこの問題。
利益を優先するとリスクが増える。
質を優先すると利益がなくなる。

正解なんてないので、ダイブショップならオーナー次第。

「利益は一切考えないで考えてください」と言われたら間違い無く2人とか少人数になりますよね。

どうやったらそのスタイルが成功するか?を考えたほうが、
これからのショップ運営としては健康的だと思います。

インストラクターの方々、あなたはどう思いますか?
是非意見を聞かせてください。

以上、しんやりょうでした。

diving-guide-howmany.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です