ミゾレウミウシ/Chromodoris willani Rudman,1982

ミゾレウミウシtop

ミゾレウミウシ/Chromodoris willani Rudman,1982

分類:裸鰓目 ドーリス亜目 イロウミウシ科
和名/Japanese name:ミゾレウミウシ
学名/Scientific name:hromodoris willani Rudman,1982
撮影地/Dive site 石垣島 Ishigaki
体長/Length 40mm
エサ/Food Semitaspongia属やPetrosaspongia属の白色のカイメン
水深/Depth:27M
水温/Water temperature:27℃
カメラ/Camera:CanonS120,UCL100LDクローズアップレンズ(INON)

分布・生態

背面は半透明な白色から青白色で、3本の暗青色から黒色の縦線が入るが、この縦線はつながらず、途切れることがある。
正中線上の黒色線は顕著で、触角間と鰓直前にだけ縦線が残る個体が多い。
背面周縁と腹足周縁は白色に縁どられる。
触角と鰓は半透明の青白色から淡黄褐色で、白い細点が密に散在することからダイアナウミウシなどと識別できる。
Semitaspongia属やPetrosaspongia属の白色のカイメンを摂食するとされる。
体長は50mmにまでなるが、通常10mm〜30mm。
西太平洋熱帯域に分布。

ウミウシ写真・動画

IMG 0799

全体図。
個体数も多く、石垣島だと10M以深の岩場でどこにでもいる。

触角・2次鰓

IMG 0802

ピンとがあっとりませんが、触角。
触角が片方ないのか隠れているのか。

IMG 0803

2次鰓。
この触角と2次鰓の模様からミゾレという名前がついたのでしょう。
納得。

撮影地メモ

2015.10.07 石垣島 名蔵湾 大崎ハナゴイリーフ北側の深場 27Mの岩。

▼過去記事ミゾレウミウシ/Chromodoris willani | Portable Life.

*本人が撮影した種の写真・動画のみ掲載しております。

ミゾレウミウシtop.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です