PPW remonha bunoha TP V

ハイサイ!ウミウシ大好き!しんやりょう@umiushimeshiです。

毎週金曜日の夕方は高城剛さんのメルマガを楽しみにしています。

今週のメルマガでおもしろかったところを転載。

また、商用目的ではない個人ブログやSNSでの引用は、出典を明記いただければ、問題ございません。

とのこと。

高城剛メールマガジン 高城未来研究所 FUTURE REPORT Q&Aより

▽Q.11
いつも楽しく拝見させていただいております。
毎週金曜の帰宅時間が、高城さんのお陰で楽しい時間となっています。
医療用大麻に関して質問です。
私も妻も現在癌を患っており、闘病しているのですが、知人の紹介でCBDオイルを服用するようになりました。
高城さんのメルマガ内にも何度か医療用大麻に関する言及がされていたど思うのですが、海外では既にどの病に効果があるなど実例が多く出ているのでしょうか?
簡潔にお伝えすると、本当に効くものなのでしょうか?
日本で医師に確認をしてもなかなかそのあたりの返答が得られません。
よろしくお願いします。

高城さんの返答は以下のとおり。

【 A 】
簡潔にお答えすると、CBD(カンナビジオール)がガンの転移を防ぐことは、もはや世界的な常識です(日本を除く)。
冷静に考えても、起訴大国の米国で医療大麻が認可されているのは、科学的に実証され、効果が明白だからです。
しかし、ワインが1本数十万円の値段がついているものからコンビニで売られているもので多岐に渡るように、医療大麻も品種がおよそ数千種類ありまして、その品種と品質によって効能も異なります。
その上、燃やす温度が大切で、気化する必要もあるのです。
また、受容体(レセプター)の違いも大きく、こちらは検査で効能がわかります。
このような詳細が明るみになったら、日本の製薬会社をはじめとする医療業界は大変です。
なにしろガンどころか、認知症やAIDS、脳腫瘍まで治しますから(だから、認可されたんですよ!)。

信じるか信じないかはあなた次第。

ちょうど知り合いから、カリフォルニアに移住しようかと考えてるって話を聞いたばかり。
むこうに行けば医療大麻も認可されているので、病床の家族と日本で生活をするより
よっぽどマシなんじゃないか。という話。

これから数十年、日本で苦しむような生活を送るよりは・・・

日本ってなんなんでしょうね。
国とか会社とか、都合のいいように隠すもの隠して、あとはなかったことにするんですかね。
もっと国民に正直な国になってほしいものです。

以上。

[この記事を読んだ方におすすめ]
PPW_remonha-bunoha_TP_V.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です