ヒブサミノウミウシ Caloria indica (Bergh, 1896)

ヒブサミノウミウシ Caloria indica (Bergh, 1896)

このウミウシについて

分類: 裸鰓目 無鰓亜目 Cladobranchia下目 ミノウミウシ小目 オオミノウミウシ上科 ヨツスジミノウミウシ科 ヒブサミノウミウシ属
和名/Japanese name:ヒブサミノウミウシ
学名/Scientific name:Caloria indica (Bergh, 1896)
エサ/Food
カメラ/Camera:CanonS120,UCL100LDクローズアップレンズ(INON)

分布・生態

分布:インド洋、西太平洋、中部太平洋
体地色は半透明の白色。
通常は頭部が朱色を帯びるが、背面全体が朱色になるものも見られる。
口触手の基部から触角間を通り背面に至る白色の縦線があるとされるが、途中で途切れたり、これを欠くものも見られる。
背側突起は根元から赤色、青色、黄白色、白色となる。
触角と口触手は平滑で中ほどに赤色の色帯があり、その先は黄白色になる。
30mmに達する。

触角・2次鰓・模様

COMING SOON

動画

COMING SOON

撮影地メモ・その他観察記事

[撮影日_地名_ポイント名_水深_体長_水温 の順で記載。]
[Date_Place_Divesite_Depth_Length_Watertemperature]
  • 2016.0424_石垣島_荒川ロックレイク_18D_30mm_26C

*本人が撮影した種の写真・動画のみ掲載しております。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です