2018-04-06 Fitzroy island,Cairns(Great Barrier Reef),QLD,Australia 909本目

視察もかねて、「マクロならここ!」と聞いてたFitzroyisland(フィッツロイ島)に行ってきました。
結果はいろいろあって2種類だけ。いろいろあったのだ。

ポイント名:Fitzroy island,Cairns(Great Barrier Reef,Cairns,QLD,Australia

見つけたウミウシの種類:2種類+a

スタイル:ビーチダイブ
風向き:???
潜水時間:60min
水温:28℃
最大深度:6M
透明度:5M

[本日出会ったウミウシたち]
・キカモヨウウミウシ Goniobranchus geometricus (Risbec, 1928) -1
・シライトウミウシ Chromodoris magnifica (Quoy & Gaimard, 1832) -1

フィッツロイ島に行ってきた

現在、僕が住んでいるケアンズの港からフェリーで45分。
一般的にGBR(グレートバリアリーフ)と言われているところは、通常港から1時間30分とかかけて行く外洋(さらに外のコーラルシーという場所もある)。
そこまで行かずとも近くの島でダイビングができる、それがグリーン島とフィッツロイ島。

グリーン島は、ヘルメット潜水とかなんかのついでに体験ダイビングみたいなイメージがあって、ダイビングもボートダイブ(島から10分くらい?)らしいので、まだ行ってません。

どちらの島も、GBRで言えば、かなり内湾のほうなので、幼魚やマクロ系が人気なんだとか。
マクロで特に人気が高いのがフィッツロイ島。ということで行ってきました。

ケアンズに住所があることが証明できるなら住民割でフェリーとか安くなります。
が、通常は旅行だと思うので、

・往復フェリー78$
・ダイビングフルレンタル(ビーチダイブ) 75$ *ボートダイブもある
・別でガイド料金 15$

詳細は、Fitzroy island resort

ここから宿、ダイビングを含むアクティビティ、フェリーとか全て予約ができます。(と言っても管轄違うので、ダイビングは別に連絡しなきゃいけなかった)
英語ダメだったら日本人いる旅行代理店とか他にもいろいろ方法はあるのですが、まぁここから行きました。

[フェリーの時間]
Cairns -> Fitzroy island:

08:00 / 11:00 / 13:30

Fitzroy Island -> Cairns:

09:30 / 12:15 / 17:00

*時期によって昼間出てなかったりするので注意。

今回は朝一(8:00)で行ってダイビング1本(予約の関係で午後1時から)とスノーケルして、最終(17:00)で日帰り。
リゾート内で働いているスタッフの方達もケアンズから毎回フェリーで通ってる人多かったです。

ダイビング

利用したのはケアンズ市内にお店を構える Cairns Dive Centre
ここがフィッツロイ島のダイビングもやってるみたいです。

今回は前日予約だったので、午後1時からでいいなら空いてるよーとのこと。

午前中はフィッツロイ島で有名なヌーディビーチ(ヌーディストビーチではない。ウミウシという意味でのヌーディビーチであってほしかった)でのんびり。
午後からスノーケル→ダイビング→スノーケルみたいな感じで、合間にスノーケルしながらダイビングだけガイドをお願いしました。

なんかいろいろあって、なぜかレスキュー取ったばかりのダイブマスターコース中のスタッフと2人で潜ることになったのですが・・・
すんごい新人さんらしくて、ポイントも初めて潜るのか、カメラも初めて使うとか、「好きに潜ってこい!!」って感じで、スタッフ足りないし、彼インストラクターだから、二人で潜って来なよーって感じ。

まぁバディいなかったので、助かったのですが、彼も全然ポイント知らないので、1時間ほど浅い2~3Mのところをただよって終わりました。

やはり大事だなと思ったのは、「そのときの自分とあうガイドさんと出会う事」「気の知れたバディと潜る事」

今回は1人できちゃったので、次回は相方連れてきてセルフで潜っちゃったほうが楽しそうです。
流れとかも特になかったし、いきなりバディ同士で潜っても良い気がします。イージー。

きちんとガイドさんと潜ったわけじゃないので、この1本で偉そうな事はいえませんが、あとでいいポジションっぽいスーパーバイザー的な人に生物の写真見せてもらった感じだと、ウミコチョウとか、モウミウシとか草食系が多いのかな?(ウミコチョウ何食べるんだったか忘れた)

といっても、見せてもらった写真は”マクロ”で、ウミウシの写真は数えるほど・・・
エビ、カニ、ウミウシ、幼魚とかマクロ全般が好きな人には、ケアンズで潜るならお手軽でセルフでも潜れる島だと思います。
でも、ここでしか見れない固有種とかがいるかといえば謎なので、リゾート気分でついでにマクロ系もちょっと楽しめたらくらいのほうがよいです。

少なくとも僕は、あんまりというか、ほとんどウミウシ見つけるどころじゃなかったのもあるけど、楽しめませんでした。
相方とセルフで潜りにきたいなー、そしたら楽しそうだなーって感じ。

島自体は、小さいし、なんにもないけど、それなりに海もきれいなので、リゾート・リラックス・ちょいダイビングとかアクティビティ、的な感じで遊びにいってみてはいかがでしょ。

また潜る機会があったら、もっとウミウシ探してみたいと思います。
「アンナウミウシとシライトウミウシはめっちゃいるよ!」とケアンズ生まれで長いこと潜ってるっぽいガイドさんに言われたんですが、ウミウシ本当に大好きなガイドさんじゃないと、気が合わないのかも。

僕はマクロではなく、ウミウシだけ、「マクロ全般好きです」っていうのは自分が嘘ついてるとわかったので、今後はやめることにします。
もう「ウミウシだけ!あとは固有種とか珍しいのか見たことないもの」って伝え方がいいのかな。
相手に自分が求めている情報をうまく伝えられるように工夫せねばです。

いろいろ勉強になりました。
さて、仕事どうしよう。
ではまた次回。

ヌーディビーチ。

きれい。沖縄の海に比べたらまぁきれいなほうでした。

オーストラリアで潜ってみて、沖縄のポテンシャルの高さに驚く。世界有数だよあんな素晴らしいところは。

めちゃサンゴ死んでた

ベビーカーはヌーディビーチ無理。靴もサンダルも両方あったほうがいい。

リゾートの目の前か、左か右か、ビーチポイントは単純。近い。けど目の前のポイントじゃないと結構歩いたので素足めちゃ痛かった。サンダルかブーツ必要。

キカモヨウウミウシ Goniobranchus geometricus (Risbec, 1928)

シライトウミウシ Chromodoris magnifica (Quoy & Gaimard, 1832)

モンダルマガレイ?Blue spotted stingray(ヤッコエイだっけ和名?)とか何匹かみた

浅場のサンゴはほとんど死んでる。ケアンズってもしかしたら沖縄の未来なのかな(悪い意味で)とふと思う

カメはスノーケルでもみれる。GBRには6種類カメいるらしいんだけど・・・

RYO
ケアンズにきてから、ビジネスとしてのダイビングの完成度の高さと日本との認識の違いに驚いてばかり。でも沖縄の海ほど素晴らしい場所はなかなかないんではなかろうか。日本って本当に素晴らしい場所だと、海外に住んでると心から思う。きてみないとわからないんだけど、「日本のほうがワイドもマクロもなんでもみれるし海外行かなくても十分!」と思ってしまう自分がいる。

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^