[初心者向け]名刺デザイン自作したのにデータ不備。aiファイルのデータ入稿前にチェックする2つのこと。

Businesscard ai

ハイサイ。しんやりょう@umiushimeshiです。

初めてイラストレーターを使って名刺をつくりました。
ファイルの形式はaiファイル。

印刷会社にお願いしたのですが、
「不備があり再入稿お願いします」

理由は文字のアウトライン化と画像データの埋め込みが必要とのこと。

「アウトライン化って?」「埋め込みとリンクの違いって?」
わからないことだらけでしたが、実際やってみると5分もかかりませんでした。

今後名刺を作成する際には必ず行う作業ですので、同じような初心者の方の手助けになれば幸いです。

名刺の印刷は「マヒトデザイン」に頼んだ

今回お世話になったのは、マヒトデザイン。
石垣島からの発注で名刺100枚1000円程度。
離島だと必ず気にする送料も、メール便で160円とわるくない。

Amazonでボールペンの替え芯頼んだだけで送料1000円とられたからね汗

クレジットカード決済も可能で、aiファイル投稿可能なので、
紙質・種類さえ問題なければ格安。

名刺発注ならマヒトデザイン

文字のアウトライン化

データ不備その1。

文字のアウトライン化が必要

パソコンによって入っている文字の種類が違うため、デザイン自体を画像化する作業(アウトライン化)が必要になります。
マヒトデザインさんが、わかりやすい記事を書いてくれているので、サクッと完了。

文字(フォント)のアウトライン化

ウミウシ飯 名刺 表裏 ai 142 18 RGB GPU プレビュー

レイヤーのロックを全て解除。鍵マークが全部消えてればOK。
[選択]→[すべてを選択]、[書式]→[アウトラインを作成]。

別名でaiファイルを再度保存。
これだけ。

チェックとして[書式]→[フォント検索]をクリックして、何も表示されなければOK。
全ての文字が画像として認識されているってことですね。

画像をリンクではなく埋め込む

データ不備その2

画像は「リンク」「埋め込み」と2種類あるそうです。

画像は全て「埋め込み」にする必要があります。

ウミウシ飯 アウトライン ai 142 18 RGB GPU プレビュー

「ウィンドウ」→「リンク」を選ぶと上の画面が表示されます。
右側に何も表示されていないのであれば、「リンク」画像になっています。

対象のファイル名(ここだとumiushimeshi.png)を選択。

ウミウシ飯 アウトライン ai 142 18 RGB GPU プレビュー

右上のアイコンをクリックしたら[画像を埋め込み] をクリックするだけ。

画像の配置には2つの方法があります

2つの作業が終わってから、aiファイルをあらたに保存。再入稿。

あとがき

イラストレーターで自分で名刺をつくってみました。
センスがあるかないかはおいておいて、自分でつくれるって楽しい!
はじめての名刺。到着が楽しみです。

イラストレーターで名刺作成に挑戦する方は2つのデータ不備に気をつけてください。

以上、しんやりょうでした!

businesscard-ai.jpg

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です