2017-11-05 La Balsa Park,Mooloolah River,Mooloolaba,Sunshine Coast,QLD,Australia 891本目

ポイント名:La Balsa Park,Mooloolah River,Mooloolaba,Sunshine Coast,QLD,Australia

見つけたウミウシの種類:11種類

スタイル:ショアダイブ
風向き:北東 15Km/h
潜水時間:80min
水温:24.6℃
最大深度:6.1M
透明度:5M~

[本日出会ったウミウシたち]
・Flabellina rubrolineata (O’Donoghue, 1929) セスジミノウミウシ -3
・Goniobranchus daphne -10~
・Hypselodoris obscura -1
・Cratena lineata ハクセンミノウミウシ -2
・Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881) コモンウミウシ -3
・Goniobranchus setoensis (Baba, 1938) セトイロウミウシ -1
・Gymnodoris alba (Bergh, 1877) アカボシウミウシ -1
・Gymnodoris spp. キヌハダウミウシ属の仲間 -1
・Aeolidida sp. 6 ミノウミウシ小目の一種 6 -1
・Pteraeolidia semperi (Bergh, 1870) ムカデミノウミウシ -2
・Goniobranchus geometricus (Risbec, 1928) キカモヨウウミウシ -1

[参考]
Nudibranch Central(Australia)
世界のウミウシ
Nudbranch & Sea Slug Identification Indo-Pacific

*和名が存在するものは、できるだけ和名の記載もこころがけます。
(名前後の数字は観察できたおおまかな個体数です)

水温がやっと25度にせまってきました。

潮止まりの時間の30分前くらいにエントリーするんですが、ちょっぴり流れてました。
流れるとフロートが重すぎるので、フロートからブイに買い替えたいんですが、こりゃあまたお金がかかるなぁ。。。
オーストラリアにきてから稼いだお金は全部ダイビングにつぎ込んでおります汗
まだまだそろえたいものがたくさん。

先週ガイド?というか久しぶりにガイドまがいなことをして以来、「ガイドもやっぱり楽しいよなー」と、
以前もっていた感覚というか、”生物をみせる”うえでの考え方とか欲しいものとか、考えることが増えました。
やっぱり好きなんでしょうね。

今思うのは、ワーホリで候補地を探したあとは、年齢が許すのであれば、年の半分はどこかの土地でガイドをして、残り半分は別の仕事をするなり、
こういう移住候補地(ウミウシダイブ常にできる場所)でフリーのインストラクターとして、ガイド業をするのも面白そうだなと。
さすがに自分で店かまえて船買ってとなると資金もないし、その土地に固定されてしまうので、もっと自由に動きまわれる方法を模索しなければです。

そういう意味でも、いろんな場所で潜ってみたり、いろんな場所で潜っている人に実際に会って話を聞くことは、すごく勉強になります。
これから会ってみたいなと思うのは、ウミウシ博士の中野さんと、ノーブルバリの三浦ほうこさん、のぶろぐのノブさん、とか、タイミングが合えば是非お会いしたい方がたくさん!

少しずつウミウシのこと勉強していきます。
今の感覚的には、学名や和名うんぬんよりも、生態だったりキレイ、かわいいからとにかく存在をたくさんの人に知ってもらいたい、そういった方向性に興味があります。
簡単にいうと、ウミウシの認知度をあげるということ。

そのために自分が何ができるだろう?ということで、ひとまずは発信し続けることですね。
また週末を楽しみに仕事がんばります。

Goniobranchus daphne 水深3Mくらいのところに大量発生してました

Hypselodoris obscura 流されそうで砂地をはうのも大変そうで・・・

Flabellina rubrolineata (O’Donoghue, 1929) セスジミノウミウシ

Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881) コモンウミウシ ヒラムシみたいにぺっとりくっついておりました

Goniobranchus aureopurpureus (Collingwood, 1881) コモンウミウシ

Goniobranchus setoensis (Baba, 1938) セトイロウミウシ

アカボシウミウシ Gymnodoris alba (Bergh, 1877) かな?

Gymnodoris spp. キヌハダウミウシ属の仲間 ということで。

ミノウミウシ小目の一種 6 Aeolidida sp. 6 かと。

Cratena lineata ハクセンミノウミウシ

キヌハダ2種、ミノ、ハクセンミノの4種は30cm×30cmくらいの四角形におさまる範囲に密集しておりました。
「おっ、・・・おっ!!・・・おぉぉぉぉ!!」みたいな感じで次々みつかったときって本当に楽しい。
石垣島では4畳半ダイブなんてありえなかったし、ここでは本当にゆっくりのんびり(それでもまだ速い)潜れるようになってきたのかなーと。

Pteraeolidia semperi (Bergh, 1870) ムカデミノウミウシ

念願の、Pteraeolidia semperi (Bergh, 1870) ムカデミノウミウシ

といっても、オーストラリア固有種のPteraeolidia ianthinaではおそらくありません。
固有種のほうは、シドニーより南ででるそうなので、ここで流れ着いたやつがみれたらラッキー。
こっちにいる間に固有種のほうみれること期待。

春先!ということで、観察できるウミウシも増えてきました。
外洋にいけば20~40種類ほど2DIVEでみれるみたいなので、それもそのうち。
もっともっと潜りたいです。

ではまた次回。

【新刊発売!】
「月刊オーストラリアのウミウシ2017年10月号」Kindle価格280円にて絶賛販売中です。(Kindle Unlimitedなら無料だよ!)

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^