「ちょっとオーストラリアで風邪なんかひいちゃいまして。」

こんにちは。

スマホで「やはり」と入力すると「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」という予測変換がでてくる、しんやりょうです。

あれ、おかしいなぁ、そんな言葉一度も使ったことがないんだけどなぁ。

このあたりが日本語入力アプリの面白いところなのかもしれません。

僕はというと、ちょっとオーストラリアで風邪なんかひいちゃいました。

オーストラリアで風邪なんかひいてる場合じゃないので

オーストラリア東海岸のほうではサイクロン「デビー」が人騒がせしておりましたので、僕の住んでいるサンシャインコーストも通り道に。

急に肌寒くなり子供の頃からお得意の鼻風邪をひいてしまったが最後、サイクロンの影響でホステルのお湯がでなくなり、ひたすら寝て治すしかない、そんな週末を過ごしておりました。

やっとこさ、お湯がでたときなんてもう幸せで幸せでたまりません。

この調子ではやく風邪をやっつけてしまいたいところです。

ちなみに、職場のオーストラリア人に

RYO
オーストラリアでは風邪ひいたらどうするの?日本だとたいていすぐに病院に行って、医者がありえないくらい大量の薬をだすんだよね。僕は苦手・・・

という話をしてみると、

「オーストラリアでは病院にすぐ行くようなことはしないよ。だいたい薬局かかかりつけの相談医みたいな人に症状を説明して、一番あった対処法を教えてもらうんだ。まずはそれからかな。RYOも薬局に一度行ったほうがいいよ」

とのこと。

すぐ病院に行くとは僕の育った家庭がそうだったのかもしれませんが、日本だとわりと普通なのではないでしょうか。

仕事もあるし休めないし、すぐに治したい!そんな日本人だからこそなのかもしれません。病院こわい。病院きらい・・・

さてさて、こちらではスーパーなどにも市販の風邪薬は売っております。

有名なのはパナドールという薬ですね。

僕は香港にある鼻風邪専用のパナドールを持っていたのですが、これが期限切れでなくなり、オーストラリアでは手に入らないことが判明。

試しに買ってみた飲み薬も効きそうにありません。

薬局に行って症状を説明すると、

「それなら飲み薬ではなくて、点鼻薬タイプのほうがいいかもしれませんね。スプレータイプなので飲み薬と違って胃に負担もかかりません。まずはこれを試してみてください。」

RYO
ふぅ〜、最低限の英語はしゃべれるとやっぱり役に立つなー

と英語はやはり勉強しておくべきだと、確信したのでした。

それから鼻水もとまり、なんとか少しずつですが体力も回復してきたのかなぁという感じです。

まだまだ仕事してるとしんどくて1週間くらい休んじゃいたい気分ですが。

玄米と味噌汁をベースに、お気に入りは生姜、レモン、はちみつをお湯で溶かしたホットはちみつレモン。

これがまためちゃおいしいので、ほっとしております。

さて、最近読んだ本でおもしろかったところをシェアしておきます。

最近のブログは友人や読者の方への近況報告と、読んだ本の内容をシェアするのが目的になってきてます。

なんだか狙った記事を書くのも疲れてしまうので、当面ブログはきどらないタイトルにしていこうかと。

アクセス数は稼げなくなるのでなんともいえませんが、これまでより僕らしい文章になることはたしかです。

スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さんは、以前、自身のラジオ番組でこんなお話をしていました。

「お金を使うのにも才能が必要だ。何億、何十億というお金をかけて映画を作ろうとしても普通はできないし、使えるもんじゃない。
しかし、宮崎駿と高畑勲は映画のためだったらいくらでもお金を使ってしまう。それこそ湯水のごとく使ってしまう。
彼らはお金を使う天才だ。ただし2人は浪費は全くしない。映画作りの時は湯水のごとく使うけれど、それ以外の普段の生活は質素極まりない」 レールの外ってこんな景色:若手ブロガーから見える新しい生き方より引用

ここでは、共感や信頼があるからこそ大金が集まるのだろうという話になってます。

自分の今後の活動に例えるなら、ウミウシを撮りためてKindle出版する→共感や信頼を集める→購入や応援してくれる人が増える→お金が集まる→お金をつぎ込む環境が生まれる→さらに新しい作品出版→さらなる共感や信頼(以下リピート)、という好循環をめざしていきたいわけですね。

大学生から20代後半くらいまでの生き方そのものをすごく考える時間がある世代には、いろいろと引っかかる言葉が多い本です。

ブロガーという生き方をしたい方だけでなく、働き方や生き方について考えさせられますね。

ダイビング器材が届いたので。まずます風邪ひいてる場合じゃないので

やっとこさ日本から送ってもらった器材が届きました。

沖縄の石垣島からオーストラリアのクイーンズランド州まで。
合計25Kgの器材が2か月かかって届きました。送料は9,500円と財布にもやさしい。

オーストラリアは秋です。肌寒くなってきて水温も26度きったのかな?
はやいうちに潜ってどんな感じか確かめておきたいところですね。

RYO
いやーほんとにこんなタイミングで風邪ひいてる場合じゃないんだなー

ほんとに絶妙なタイミングです。
これから先長いんだから少し体休めておきなさい、そんなところなのでしょうか。

このままうまくいけば、5月にはセカンドビザを取得しおわり、6月にはドライスーツをオーダー、車も購入して7~11月の5か月はウミウシダイブを開始する予定です。

1年の半年は準備に費やしてしまいそうですが、着々と目標に向かって。

ブログ読者の皆様も風邪にはお気をつけて、お身体ご自愛ください。

それではまた。

「石垣島のウミウシ」Kindle価格99円にて絶賛販売中です。(Kindle Unlimitedなら無料だよ!)

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^