クロヘリアメフラシ Aplysia parvula Guilding in Morch, 1863

クロヘリアメフラシ Aplysia parvula Guilding in Morch, 1863

このウミウシについて

分類: 無楯目(アメフラシ目) アメフラシ上科 アメフラシ科 アメフラシ属 クロヘリアメフラシ
和名/Japanese name:クロヘリアメフラシ
学名/Scientific name:Aplysia parvula Guilding in Morch, 1863
撮影地/Dive site 石垣島 マンタスクランブル
体長/Length 30mm
エサ/Food 岩礁域の紅藻
水深/Depth:8M
水温/Water temperature:23℃
カメラ/Camera:TG-3

分布・生態

分布:太平洋、インド洋
体色は赤褐色、黒色、栗色と変化に富み、体表には大小の白斑の入るものも見られる。
赤褐色の個体は、側足や腹足、触角先端と口触手先端が黒色になる。
黒色の個体は側足縁が明るい色になる。
内臓嚢は丸く大きく膨らむ。
広がった側足から外套孔やその内側の貝殻が見える場合もある。

刺激を与えると紫色の汁を出す。
70mmに達するとされるが通常は20mm程度。

触角・2次鰓・模様

COMINGSOON

動画

COMINGSOON

撮影地メモ・その他観察記事

[撮影日_地名_ポイント名_水深_体長_水温 の順で記載。]
  • 2016.0331_石垣島_石崎マンタスクランブル_8D_30mm_23C

*本人が撮影した種の写真・動画のみ掲載しております。

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みにきていただけるとうれしいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するやる気につながります^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です