2018-06-14 Kurasaki Beach North, Amami-Oshima island , Kagoshima Japan 947本目

奄美大島にきて、まだ半月も経ってないはずなんですが、あっという間に40本くらい潜ってる。
やっぱりダイビングショップで働いていると、あっという間です。
1本1本大事に潜らなきゃ。

休日なので、ポイント覚えるついでにウミウシもちらほらと観察してきました。

コケギンポ。かれこれ2年同じ岩に住んでいるとか。かわいい。

マダライロウミウシの電車ごっこ。ウミウシの行動は不思議で気になります。人間みたいな「なんとなく」ってより、必ず意味があるはずだもんね。

オトヒメウミウシ。最近名前の由来が気になってしょうがない。

大人の階段登ってる感じのミナミハコフグ

ネタ探しにと、パンダダルマハゼ。うまく撮れず。

イボウミウシだけで30種類以上いるって考えると、意外と見逃せない。これは触角黒いからコイボウミウシということで。

チドリミドリガイ。

目で見て観察できるウミウシが少なくなっていく季節にもかかわらず、数種類も観察できたと考えると、1cm以下のウミウシ探せばいろいろでてきそう。
面白い素敵なビーチが近くにあって、幸せです。

こうやってブログを更新し続けるのも、ぼちぼちおしまいにしようか、もっとシンプルな形か、日本語だけでなくて英語を中心に発信していく形にするか、
まだ未定なんですが、今年の夏が終わって少し落ち着いたら、新しい形で情報発信していこうかと考えています。

ふんわりと、形は見えているのですが、まだそれを実現するには、技術も表現力も足りない。
しかし、ウミウシがいるビーチが近いってだけで休日がこんなにも楽しいとは。

同じ場所にずっと居続けると、淀むっていうのはこれまでの経験上そうなので、楽しめるうちに楽しみつつ、しっかりと準備していこうかと。
やっぱり海外と日本行ったり来たりがいいなと、1つの場所に染まりたくはないな、というのは常に考えている、そんな休日です。

梅雨あけないかなー。ではまた次回。

当ブログの記事をご覧いただきありがとうございます。また遊びに来てください^^